≫ EDIT

(`・ω・´)イキナリですが、「むらやん物語」はじめてみることにしました★

ポチッとな☆ブログランキングへ
はじめに【むらやん物語】とは??

 私が株を始めて色々な投資仲間に出会ってきたり凄腕トレーダーブログを見てたりして思うこと、それはその人達が、今までどんな環境でお金を稼いだり株をはじめるまで、どんないきさつがあったんだろう・・・。
と気になったことが多かったのでここでひとつ!自己啓発チックにむらやん物語を書いてみたいと思います。
※最近、本を読む機会が多くなったのでここでは面白くもなんともないかもしれませんが、シリアスライターとして書いてみたいと思いますので、暇な方は読んでみてくださいね。(誤字脱字はご了承下さいっ)

第1章 大阪参上!!

 私は愛媛県の片田舎で生まれ育ち、高校を卒業して数ヵ月後の、18歳の冬頃に大阪にやってきました。
モチロン知り合いも、お金も、土地勘もないので不動産屋に紹介されるがまま訳のわからない激狭のワンルームマンションにぶち込まれ、到着した時間が夜中ということもあり家の家具などは大阪で買いそろえる予定だったので、真冬の中、布団もカーテンも何もない部屋での凍えに凍えた一晩は今でも忘れられません。
(今思えば懐かしい。後に不動産屋で働く事になるのでその内容は追々書きます。)
そんな私は、その後大阪で知り合った人たちによく「なんで大阪に来たの?」と聞かれることが多々ありましたが、私はほとんどの方に「なんとなく都会っぽかったから。」と答えていましたが、実は当時18歳の私には目標があって大阪にきていました。今は知っている人多いですが、当時はほとんどの知り合いが知りませんでした。ズバリ!その目標とは!?!?

 ナント!ナント!その目標は聞いてビックリ!「吉本芸人」になることでした。
ではなぜ今は専業で株をやっているのでしょうか?当時の私には想像もつきませんでした。
(注:むらやん物語はこんな感じで進んでいきますので飽きた方はお早めに!)
さて、続きですが、当時の予定はこんな感じでした。。。
まず、大阪を全く知らないし、知り会いもいない。ましてやどうすれば吉本芸人になれるかもわかりませんでした。
と、言う事もあり、まずはアルバイトでもしながら大阪の環境に慣れ、知り合いをつくり地盤を固めようと思い1年ぐらいは地盤固めに専念することになりました。
そして、当初生活費として握り締めてきていた20万円がなくなると生活が出来なくなるので早速アルバイト情報誌「an(アン)」を買ってきました。

 それまでの仕事経験は、焼肉屋でバイト(高校のとき1週間)、かに道楽広島流川店(高校卒業後3ヶ月)、大阪に行きたくて、お金を貯めるべく地元に帰り、土建屋(3ヶ月)、ペンキ屋(3ヶ月)貯まったので大阪へ。
とこんな感じの職歴でした。とにかく一番に「高収入!」と思っていたのでモチロン雑誌の見る箇所は「日給1万円以上」のみでした。
そこで当時何も知らない18歳の青二才の気になった会社の業務内容は・・・「日給12000円以上可能!初心者歓迎!簡単な一般家庭向けのアンケート調査のアシスタント(実働8時間)」でした。
 「アンケートで実働8時間、日給12000円か。コレええなぁ~」と一人で盛り上がっていました。
早速面接に行き返事を待つ事1週間。「M君ウチで働いてみるか??」私「あ、はい喜んで!」と、意気揚々に一つ返事で快諾し早速働く事に。
一般家庭向けの簡単なアンケート調査アシスタントで勤務時間は実働8時間。18才頃のフリーターにこんなオイシイ仕事ありました??
つづく・・・
続きは次回、第2章「大阪アルバイト体験」にて書き綴りたいと思います。
※こんな感じで長編になりそうで、時間のあるときに更新しますので更新した際にはTOPページにてお知らせしたいと思いますのでお時間ある方は「むらやん物語」のお付き合いもよろしくお願いいたします~。では次回!
人気ブログランキング

第2章「大阪アルバイト体験」

 さて、前回の続きですが、おいしいアルバイトを見つけたとばかりに喜んでいた田舎っぺむらやんは右も左もわからない状態でとりあえず出勤。
むらやん「とりあえず何したらいいすか?」会社の人「うーんそうやなぁ入ったばっかりのバイトの子おるから一緒に回ってくれる?」と言われ、とりあえず同じバイトで入った子と一緒に各家庭の簡単なアンケート調査に向かう事に・・・。

 でも、アンケート用紙ないんですけど??まあ、とりあえず各家庭を回る事に。全く業務内容が読めていないむらやんは浮かない顔をしてるバイトの子をみて思う。。。「コイツ苦労しらんな。」簡単な作業を嫌そうにしてたから「なんてオサボリな奴だ!」と思っていたのもつかの間。
ファミリーマンションに向かいインターホンをピンポーン!中から出てきたオバハンが鬼の形相で一言。「いらんっ!!帰れっ!!」
(゚Д゚;)なにぃぃぃぃ!?!?コッチの話を一言も聞かず一喝!!その後何十件と同じように回るが、返ってくる答えは「結構です!!」「帰れ!!」「忙しいので・・・」後はほとんど居留守。。。なぜなんだ!?大阪の人は人の話を聞かないのか!?と疑問に思っていたのですが答えはすぐにわかりましたその業種とは・・・ナント!

 浄水器の飛び込み訪問販売だったのです(゚Д゚;)!!なにぃぃぃぃ!?!?訪問販売って漫画の話ではなかったのか??と自問自答を繰り返しましたが、これは現実。
むらやんが思ったことは一つ。ヽ(`Д´)ノ「大阪スゲー!!なんでもアリかよっ!!」浄水器の価格は聞いてビックリ訪販特価!「金30万円也!!」そしてここから、むらやんの訪販ライフがはじまった。(ほうはん※訪問販売を業界ではホーハンと言う。)

 バイト始めて1週間。。。営業なんてやったこともないし、自信もない。とりあえず与えられた事はチャレンジしてみるが、売れない・・・そして胃がキリキリきしむ・・・売れないプレッシューからか会社の人ともナカナカなじめない。ストレスからか足の小指がよくピクピク痙攣していたのをいまでも覚えています。
一生忘れないインターホントークがワタシにはあります。それは、インターホンに出た人に言う言葉。

「水道水の水質改善の案内で回ってるんですけどお話のほうきいてもらってますかね?」

このセリフは少なく見積もっても訪販ライフで2~3万回は言っているでしょう。
簡単に言えば、見ず知らずの家庭に行ってイキナリピンポン押してアプローチブック(営業説明書)もっていって大阪の水は汚いですよ→水買うのもったいないですね→浄水器があれば月々多少のお金で使い放題ですよ(60回ローンなので。)なるほど!では買いましょう!
と、言うシナリオなのですがハッキリ言ってそんなメデタイ奴は世の中にいない!と思っていました。とりあえず一生懸命何百件と回って同じことを繰り返し心身ともに疲れは大ピーク。株で言えばライブドアマーケティング6000円掴みという感じでしょうか!?

 そんなある日、神が降臨しました。この感動は一生忘れないでしょうし、そのお客さんも一生忘れないと思います。現に訪販卒業して6~7年経ちますが、途中・最後のお客さんはほとんど覚えていません。
あの感動は訪販経験者のみぞ知るエクスタシーかもしれません。本当にその人が神に見えました。
その日、私はいつも通りインターホンを押し一生懸命説明しました。話術やテクニックなどなにもありませんが、しいていえるのなら「熱意」でしょう。とにかく一生懸命説明する私に何かを感じてくれたものだと思っています。営業とは人を買ってもらうとはよく言ったものです。
必死の説明が終わって私は一言。「お兄さんもこの機会にお願いしますよ。」いつもはココで必ず、「結構です」
「いいから帰って」等の罵声を浴びさせられていましたが、そのGODは、「そうですね。じゃあお願いします。」

 足のつま先から頭の脳天まで一気に何かが通りぬける感覚、稲妻が足のつま先から脳天にぶち抜ける感覚。(方向は逆ですが。)とはまさにこの事でしょう。不思議ですが神に見えます。実際私が担当したお客さんはほとんどの方が「いい人」です。
この会社での経験は「苦労」と「営業」を教えてもらいました。信じられないかもしれませんが、いつもはだいたい夜の12時前まで訪販してたんですが、私の一番遅い時間の記録は夜中の2時に見ず知らずの人の家のインターホンを鳴らしたことがあります。
そのお客さんは待ってましたと言わんばかりに契約してくれました。契約が終わったのが夜中3時半。会社に着いたのが明け方4時半。

 モチロン訪問販売法違反になります。でも、私のお客さんは何も言いません。それは私との完全なる信頼関係が出来上がっていて、私を買ってくれたからです。
今は法改正がされて特定商取引法になり訪販は締め出されています。
それはなぜか?答えはほとんどの会社が「押し売り」だからです。私は押し売りをしたことは1度もありません。
全て自分を買ってもらった方ばかりです。そんな事を考えると切なくなる今日この頃です。
その世界で有名な方がいます。名前は「伊藤光雄(いとうみつお)」という人です。本もたくさん出されていますので営業関係の仕事をしている人は是非、1冊読んで欲しい代物です。モチロンその他の業種の方も読んで損をする事はないと思います。

 そんな会社で1年もまれて私は人として飛躍的に成長した1年になりました。皆さん誰しも身近の方で尊敬できる人や師匠みたいな人がいると思いますが、私の営業と人としての師匠はその会社に今も在籍しており心から尊敬しています。年は10才ほど違いますが、いまでもよく連絡を取りアホみたいな冗談を言い合っています。
これからもそんな自分を磨ける出会いがたくさんあればいいなと思いますね。
私は1年やって成績はトップではありませんがトップクラスでした。1日16時間労働で訪販。給料はなんと20万です。仕事内容と給料が一番あっていなかったのはこの会社ですが、ここで得た苦労と経験は値段では買えない価値があると思っています。(思わないとスッキリしないので。)

 そんな中、私はその会社を辞めることにしました。期待のホープと言われながらも何も言わず会社を去るむらやん。なぜか!?そう、それはNSC(吉本総合芸能学院)の受験があるからです。
辛抱した1年の中で色々情報をかき集め受験するというところまでたどり着きました。期待と緊張を胸に秘め、やってきました「受験当日!!」さぁ気合入れていくでぇ~!!
つづく・・・     人気ブログランキング←押してね。

第3章「NSC受験。そして・・・」

 とうとう待ちに待った受験日。気合は十分!期待と緊張を胸に秘めたむらやんは難波にある「吉本会館別館」へ。
どのくらい来ていたのかハッキリ覚えていませんが、全員で1000人以上の人が受験をしにきていたような覚えがあります。さすがに天下の吉本興業。人気は半端ありません。
そんな中、あまりの人数のためいくつかの数十人のグループに分かれて徐々に受験をしていくことに・・・。
どんな事を聞かれるんだろう・・・。やっぱり元気はいるな・・・。とにかく目立ったモン勝ちか!?!?などと考えているうちに50人ほどの受験生でパンパンになっている会議室のようなところで、1番の人から受験がはじまりました。5、6人の吉本の講師みたいな人が会議机に対面で座っていて質問していくのですが、1番の人が終わって私の思った感想は、「え!?それだけ??全然アピールする時間も質問もないんじゃないすか???」と思ってしまうぐらい一人一人の時間は短く唖然とするものでした。

 あまりにも一人一人のスピードが速いため「どうしよう?」と焦りました。なんと言っても各時間は1~2分ぐらいなのです。
極端に言えば、「名前と、NSCに入ろうと思ったきっかけを聞くぐらい」だったのです。コンビで受けに来ている人には「ネタあるんなら見るよ。」ぐらいでした。これはマズイ、と思っている間に私の順番に・・・。今までの奴は普通にしか返答していないのですが、時間的にアピールする時間はありませんでした。そこで私は「時間はないがとにかく他の奴と違うトコロを・・・」と思い。番号を呼ばれてイスを立ったときから座るまで「誰よりもデカイ声」で質問に応答しました。ブログではお伝えしにくいかもしれませんが、「誰よりもデカイ声」大げさに言えば学校の体育館の端から端まで届くぐらいの声でした。
受験生達が振り返って私を見るほどですのでアピールは完璧です。なんといっても30坪ほどの狭い会議室ですから。そしてそのまま全員質疑応答が終わり、最後に講師の方々が「何か質問はありますか?」といってきたのでこれまたアピールタイム!しかし、ここには我の強い人間の集まり、さっきの私のビックボイス攻撃に負けじとTと言う奴が負けじとアピール。そこでさらに私が「質問です!」と相変わらずのデカイ声で手を上げて「他に何かアピールする時間はもらえないんでしょうか?」とハリキッテ質問!すると質問に答えてくれた講師の方の言った言葉は、ナント!!「キミはもう大丈夫だよ。」このとき私は勝ちを確信しました。

 そして受験は終わりました。帰りに受験したモン同士で話したりしてたんですが、実際受験中にハリキッテアピールしてたのは私とTと言う人間だけでした。中にはコンビで受けに来ていて、ネタやる?って言われたのにやらないやつとか・・・。そんなこんなで受験の話をチラリと話して帰りました。
合格を確信してたと、いっても実際合格のハガキが届くまではやはり合格ではありません。それも大事ですがバイトをやめたむらやんにとって今後の生活も不安です。合格のハガキくるかな??と思いながら短期のバイトをチョコチョコこなしていました。派遣のバイトで流れ作業とか。(これは私には向いてませんでしたが。)その他色々のバイトを転々としながら過ごしていたある日!
ポストに一通のハガキが・・・。そこに書かれていた文字は吉本総合芸能学院【合格】の二文字が!!よっしゃー!!と込み上げる思いを抑えながらNSCに入る事に。。。年間授業料が30万ぐらいだったと思うのですが、このときばかりは今まで頼った事はなかったのですが、親に30万を借りる事に。そしてめでたくもNSCに入る事となりました。

 色々細かいところまで書いていると第3章が終わりませんのでボチボチおおざっぱに書いていこうと思います。
まず、同期生で言えば22期なので「キングコング」や「なかやまきんに君」がいます。一緒に授業を受けたり、発生練習したりNSCの裏の公園でネタ合わせを各コンビ同士でやったりしてました。
キングコングは元々別々にNSCに入ってきてたんですが、そのコンビ同士が解散して別々のコンビ同士で結成したコンビだったのは今も良く覚えてます。あと、「レギュラー」が吉本に全身全霊で吉本のパシリになっていたのも覚えています。(一期上ですが。)
モチロン私もコンビを色んな奴と組んでは解散し、多々のネタをこなしてきました。では、今ナゼ専業デトレーダーなのか??ここにたどりつくのはまだまだ遠いですが、NSCに入ってネタを繰り返し勉強するにも生活はしていかなければいけません。ジャンカラとかでバイトもしましたが、時間の都合が難しく、そこで新たにNSCに通えながら出来る固定のアルバイトを始めることになりました。

 この会社、これまた半端ない会社です!さてNSCと半端ない会社!むらやんはこの二つの出来事の中でどうなったのでしょうか??この半端ない会社は今ではほとんどの方が知っている会社ですが、その誰もが知っている会社になる前の会社で私は働きました。何が凄い会社か!?借金まみれでヒーヒー言ってた会社が3年で年商100億円の会社に生まれ変わった会社ですから・・・。でも私が働いていたのは年商100億に生まれ変わる前の会社ですよ。。。さてNSCとこの会社でむらやんはどうなったのでしょうか!?
つづく・・・人気ブログランキング←押してね。

第4章「夢と欲望、そして選択。」

 さて、NSCに通いながら新しいバイトを始めたむらやんですが、この会社には以前訪問販売の仕事をしていたときのその訪販会社のエステ事業部にいた知人の紹介で入りました。
最初は雑用係みたいな感じで、NSCに行かなければいけないと言う事もあり、いつでも自由にシフトを組めるようなポジションにしてもらっていました。 業務内容はいかにも胡散臭いですが画廊。そう、「絵画販売」です。良くキャッチセールスとか悪徳商法だとか、ラッセンがどうのこうのとかの例のやつです。業種で言えば訪販になります。雑談になりますが、飛び込み訪問して商品を売るタイプの仕事ではないのですが、なぜ訪販でまとめるかと言うと訪販の定義が、「ショッピングローン(信販)を組んで原価よりカナリの利益を乗せて販売する商売」を業界では訪販と一般的に言われています。【例】浄水器、布団、掃除機、絵画、教材、健康器具、化粧品、リフォーム、ジュエリーetc…です。

この会社に入ってすぐに思ったことは、「なんて楽な会社なんや!」という事でした。なぜかと言うと第2章で書いたように前バイトが鬼の業務内容と拘束時間の飛び込み浄水器セールスだったからです。
周りの人間も年の近い人ばかりで「学校」のような会社でした。NSCも公認だったのでネタを考えたり、ネタをみんなによく見てもらっていたのを今も良く覚えています。
当初、雑用係で入っていたのですが、営業を見ていると自分もやりたくなった(経験者のウズウズ感)&営業を手伝ってくれないかという誘いもあり喜んで引き受けました。
訪販経験もあったのですぐに結果は出て営業のみんなと営業トークをよく考えていたりしました。その会社で主に毎日同じ空間にいた人間が営業の8人ぐらいの男5人女3人といった感じでした。そんな感じで楽しくバイトもこなし、NSCにも楽しく通っていました。

 少し話はそれますが、大阪に来てこの会社にちょうど入った時が人生最大の貧乏でした。移動は雨の日も風邪の日もショッキングピンクのカブ(バイク)で移動していました。燃費はナントリッター40キロ走ります。サイドカバーにはカッティングシートで「風」の文字を張ってました。今思えばカナリ恥ずかしい出来事ですが、浄水器時代にも友人に売ってもらったハーレー風にいじった直管のスティードにも乗ってました。(カブもモチロン直管)要はバイクをカスタマイズするのが好きだったんです。後の不動産時代にはドラッグスター(これも直管)にも乗ってました。これは十代からの趣味というか癖というか・・・今は欲しいけどバイクは乗ってません。
※常に直管にしてますが、これはオレは愚連隊のワルだぜぇ~といってるのではなくて、アメリカンのバイクは直管が一番シブイですよと言いたいだけです。騒音は迷惑なのでよくないですが・・・。
 さてさて話がそれましたが、どのくらい貧乏だったのか?内容を聞くとたいしたことないと思う方も多いかもしれませんが、貧乏の問題は内容ではなくて「なによりも楽しい仲間と過ごす事が大好き」な、むらやんが毎回誘ってくれている仲間の誘いを毎回お金がない為に断っていました。モチロン周りはおごってくれると言ってくれますが、おごられる事はあまり好きではなかったので全て断っていました。このときの自分のみじめさは今、思い出しても悲しくなってきます。

 貧乏の内容はまずタバコはどうしてもやめれなかったのでパーラメント(280円)からエコー(90円)に変えました。エコーはキツくて安いので煙を蓄えるには十分でした。朝飯はナシ、昼飯は家から持ってきた白ご飯とミートボールのみ、晩飯も昼と同じく家に帰ってミートボールをしっかり食べてました。娯楽&酒は一切ナシです。販売機でジュースを買ったことは一回もありません。財布の中身は常に1.000円前後。ホントにみじめでしたよ。
初給料が入るまでの辛抱でしたが、何とか2ヶ月はこれで乗り切りました。給料自体は20万円前後と、一人暮らしの私が暮らしていくには十分すぎる金額でした。NSCとバイトも落ち着いてきた感じで気持ち的にもゆとりが出来てきました。
 気持も落ち着き環境にも慣れてきたら次は異性、ではないでしょうか!?浄水器時代では男ばかりの男臭い環境でしたので出会いは常に会社以外のところからでしたが、絵画の会社には全体的に見ても男6:女4ぐらいの割合だったので出会いも十分な環境でした。
そこで同じ営業として働いていた、性格も明るくて可愛いらしい「F」という女性がいました。私は可愛いらしいなと思っていたので、色々と聞いていこうと思ってまず聞いたのが、「Fさんて彼氏とかいるの?」と、いないことを期待しながら聞きました。返事は残念なことに「うん。いるよ。」と言われたのですが、もう一段踏み込んで、「へぇ~結婚とかは考えてないの?」と聞くと次に返ってきた言葉は「うん。考えてると言うか、来年の今ぐらいに結婚する予定。」あ、そうなんやぁ~と軽く返事を返しながらも私は少し残念に思いながら、まぁ楽しく過ごせたらいいかと思い、変わらない日常を過ごす事にしました。

 会社では本当にみんなが仲良くしていて楽しい学校という感じでしたが、Fさんと私は特に仲が良く、日に日に私はFさんに魅かれていくようになりました。しかし、彼氏もいて結婚の予定もあることなので楽しい友達として過ごしていましたが、ある日Fさんから仕事が終わって、ご飯でも食べに行く?的なことを言われて何かを期待しながらルンルンでお好み焼きを食べに行きました。結局、楽しく仕事や人間関係の話をして何の進展もなく終わりましたが、その日を境にFさんと二人でよく遊びに行くようになりました。
 そんなある日、私は社用車のアリストを常に乗っていてFさんを自宅まで送ってあげることになりました。いつも通り楽しい会話をしながら自宅近くまで送っていて気が付けば手を握って帰っていました。そこからFさんとの大恋愛が始まりました。
当然、彼氏がいる事も知っていますし、彼氏には申し訳ないという気持はありましたので、私は常に彼氏を優先するようにしてもらって常に影の存在として付き合っていました。本当は自分の彼女として付き合って欲しかったのですが、結婚を予定しているという事もあってどうしてもそこを崩して、目茶目茶にしてまで付き合いたいとは思っていませんでした。NSCにも行っていたのでやはり自分の夢を優先していたのです。後に私の人生の方向を変えるであろうとも予測せず日々変わらず付き合っていました。
そんな関係が数ヶ月続いていたある日の時です。Fさんが「彼氏と別れて私と付き合う」と言い出しました。確かにお互い楽しくて魅かれあっていたのも事実ですが、私は結婚も考えていた相手と別れてしまって私と付き合っていてもNSCのこともあるので、幸せに出来る自身がなかったので、本心では「それでも私と付き合う。」と言って欲しいと思いながらも「彼氏とは別れないほうがいい」と常に言っていました。

 しばらく経って、Fさんは「彼氏と別れた」と私に言ってきました。本当に別れてしまったのです。私は嬉しくてしょうがなかったですが、やはりNSCと貧乏という自分への不安は隠せませんでした。その頃から私はNSCを少しづつサボるようになりました。なぜかと言うとFさんといるほうが楽しかったからです。夢より女というより貧乏への不満。色んな思想が頭を毎日駆け巡っていました。
そんな時、タイミングが良いのか悪いのかわかりませんが、会社にトラブル、クレーム続出で会社がどんどん火の車状態になっていきました。この会社の事は詳しくは書けませんが、内情はすさまじい事になっていて、設立1年で全国展開していたのですが、色々大変な事があり全国の店舗を次々と閉鎖。大阪と東京のみになり、次第に資金繰りがショートしてきて従業員の給料も払えない状態に陥ってきました。そんな中、働いていた人たちは次々と辞めてゆきFさんもずいぶん前に辞めていました。私はその会社と上層部の人間が好きだったので、給料がもらえない状態になってしばらくは耐えていましたが、給料がなくなって1ヶ月半ぐらいったたときにさすがにきつくなって辞めるざる負えない状態となりました。やめたはいいが金がない。結局その会社からの2か月分の給料はもらえませんでしたので、NSCに行くような余裕もない。生活費すらない状態に陥ってしまったのです。
そんな究極の状態の貧乏(入社当初が一番貧乏と書きましたが辞める時の方が貧乏かも?)な私は常にFさんに迷惑をかけていました。Fさんは楽しければそれでいいと言って二人で常に楽しく過ごしていましたが、そんな状況下の中、私はとうとう「夢と欲望」のどちらかをを選択するまで考えていました。そして私が選択したものとは!?
つづく・・・人気ブログランキング←押してね。

第5章「吹っ切れた。」

 とにかく金が無い!これ以外の言葉は見つからないほど辛い状態に陥りました。当時私は大阪に来て始めて借りていたマンションを出ていて絵画の会社に入った時ぐらいに浄水器の時の友人と一緒に2LDKのマンションに住んでいました。しかし、友人が彼女を同棲させ、さらには弟も住ませていたので、私にはなかなか居ずらい場所でした。それも絵画の会社に行っているときの後半に出て行っていて転々と寝床を変える毎日でした。
中でも一番キツかったのはエスティマで1ヶ月半ほど暮らしていたときでしたね。なんと言っても風呂が無い!これが一番の痛手です。銭湯が開いてなければ友人の家で風呂を借りる。しかし、友人にも都合があり、なかなか都合が合わない。結果、頭がとてもかゆい状態に陥ります。これはかなりのストレスでした。

 とにかく金が無く暮らしていく事も大変な状況でしたのでNSCどころではありません。そんな人生で最大に貧乏な時、私は気づきました。
夢を叶えるにも努力と才能。そしてなにより大事な「お金が必要な事を!」私は選択する負えない状況になりました。なんと言っても生活できないのですから、NSCの事なんか考えていれません。
選択。いや、選択できる状況ではない。「世の中金じゃ。」私はこの時、私は完全に吹っ切れました。高校時代からの夢、吉本芸人への夢を挫折する事になりました。
「キングコング」や「なかやまきんに君」が一抜け、二抜けしていくのを見ながら、長年の夢の吉本芸人への道を諦める事にしました。この瞬間、大阪に来た意味はなくなってしまったのですが、私は次の目標が無いのに今までの夢と言う目標を諦めたりはしない性格です。もちろん、次の目標が明確に定まっていたので芸人への道は諦めました。その目標とは何か?答えは単純です。今まで散々苦しめられた「お金」そう、とにかく「お金儲けをする事」です!今度は私がお金を見返す番です。(お金を見返す??なんじゃそら。)まぁ結局、人間はお金に支配されてるんですけどね。

 そんな私は幸運です。いや、不幸中の幸いです。それはなぜか!?なぜならNSCを辞めるまでにとても貴重な体験や経験を積み重ねたからです。簡単にお金儲けをすると言ってもどうやって稼げばいいのか?勤めて稼げばいいのか?独立して稼げばいいのか?普通に考えても全く謎です。
しかし!私はラッキーです。なぜなら始めて働いた会社で訪問販売という最高の営業スタイルを身に着けていたからです。なぜ営業なのか?それは営業はお金を生む仕事。営業なくして会社は成り立ちません。そんなことを言ってたら事務職の方、管理の方などに「バランスあってお金が生まれるんだよ。」と言われてしまいそうですが、とにかく商品を売らない事にはお金になりません。その商品をお金に変えるチカラを浄水器の訪問販売で教えてもらいました。次に、会社のノウハウです。意外とびっくりする方も多いかも知れませんが、商品原価を知っている営業の方は結構少ないです。
経理の方などはよくご存知かも知れませんが、意外と営業は知りません。だから営業が経費を無駄に使って経理に怒られるというパターンが多いようですね。それはさておき、なぜこの話になったかと言うと、絵画販売の会社のときにこの会社はなんでも丸見えの会社でした。なので、絵画を売って、経費を差し引いてこれだけの利益が上がるということが一目瞭然でした。浄水器時代は常に仕入原価を隠されていて、30万の浄水器の原価は10万から15万ぐらいと考えていました。

 現実はびっくりです。皆さんは訪販業界の商品の仕入れ原価がどのくらいかご存知でしょうか?一般的に考えて普通の商売で基本の基本は3がけです。3がけとは販売代金の3割が商品原価ということになります。例えば1.000円で仕入れた雑貨を3.000円で売るといった感じでしょうか?しかし、それは景気のいいときの話であってデフレ真っ只中の最近までは「安かろう悪かろう」では通りませんでした。消費者が求めているものは「安かろう良かろう」なので実際通常の商売では昔の3がけは良かったな~と言った感じでしょうか?
しかし!訪販だけは違います!訪販の仕入れ原価の基本は1がけ2がけです!つまりは30万の浄水器であれば3万から6万。フルセット120万円の布団であれば10万から20万といった感じです。いかにボッタくっているかが良くわかります。
このこと自体は絵画の会社に入って何でもわかる状態の会社だったのでそこで勉強させていただきました。
少し長くなりましたが、つまりは営業を覚え、商売の旨みを知り、独立しないともったいないという結論に結びつきました。そこで私は考えをまとめました。

 営業はできる、商売は旨い。これは独立しかないと!しかし餅は餅屋、結局私は訪販業界しか知りません。独立するなら訪販。しかしここで問題が生まれます。それはショッピングローンを使うためには信販会社と契約しなければなりません。これは普通にコネが無ければ、まず法人化。過去3年間の決算書、財務内容、代表者の資産、信用などの最低条件がありました。貧乏真っ只中で信用もコネも無い、ましてや法人格も無いむらやんに信販会社との契約は皆無でした。そこで私はすぐに独立するという目標は一旦おあずけし、法人化することに向けて、とにかくお金を貯める事にしました。まずは貧乏からの脱出です。頭の中に思い浮かべていたのは、株式会社、必要金額は1.000万円。今まで100万円も貯めたことの無い人間、給料25万以上もらったことの無い人間が1.000万円貯める・・・。それは現実味の無い目標でした。

 とにかく稼げる仕事。その仕事をしなければいけない。もう月給20万円ではどうにもならない。そう考えていました。私よりずいぶん前に絵画の仕事を辞めていたFさんが働いていた会社は教材の営業会社で、かなり歩合も良いとの話を聞き、早速その会社で働く事になりました。吉本芸人を諦めたオトコは強いです。なぜなら、全てのチカラを仕事のみに使えるからです。
私は入社そうそうトップクラスの成績につき、始めてもらった給料が入社1ヶ月目にして手取りで50万を超えていました。さすが夢を諦めた男は強い。あっという間に貯金は100万円を超えました。もちろん贅沢は一切なしですが・・・。
しかし、誘惑はやってきます。いままで貧乏まっしぐらでぶっ通してきた人間が100万円を入手したらどうでしょう!?私は必死で貯めた100万円を一週間で使い切りました。さすがオレ!誘惑には弱いですよ~。
そして使い切ったときに私が始めて気づいた事。それは「使う事はとても簡単。」当たり前の事ですが、「貯めるのは大変。使うのは簡単。」わかっていても実際に使ってみないとわからないものです。
そこで私はお金の本当の大切さを知りました。お金があっても使わない勇気と根性。色々な事情がありその会社を辞める事になりました。自慢ではありませんが成績が悪くなっての退社ではありません。最後までトップクラスに君臨してました。給料は50万を切った事はありません。しかし、辞めたときお金は手元にありませんでした。

教材の会社を辞め新しい仕事を決めたそんな時、Fさんに浮気されました。確かに、浮気されてもしかたない状態かもしれません。なぜなら私はフリーター以下の浪費家でだらしない甲斐性の無いオトコでしたので自分自身を見つめ直しました。浮気の経験ある方ない方様々だと思いますが、基本的に私は知人としての付き合いは出来ますが、どんなに改心したと言われても、二度と信用はしません。これは金庫番の経理の人間にお金を持ち逃げされた気持ちと変わらないかもしれません。(そんな経験ありませんが。)
その事をきっかけにさらに吹っ切れました。Fさんは私に帰ってきましたが、私の中では「見返してやる。」その気持ちもプラスされ、私はもっとパワーアップすることになります。
夢を諦め、独立を目標と掲げ、邁進する自分をさらにステップアップさせるため、私は不動産業界に進出することになります。
この時点で貯金「ゼロ」コネクション「ゼロ」先行き「ゼロ」の21歳の私の本当の奮闘記がこの辺りから始まります。全く未体験の不動産業界で私は衝撃を受けました。その衝撃とは!?
つづく・・・人気ブログランキング←押してね。

第6章「貯金1.000万という目標。」

 第5章でも述べましたが、私は吉本芸人の道を諦めて独立するため、株式会社を作ろうと決めてそのためには1.000万円の現金が必要と考え、目標としました。よく、借り入れして独立開業する人がいますが、よっぽどの自身のない限りその行為はかなりの危険な行為と私は考えていました。なぜなら儲かるかどうかもわからないのにお金を借りて独立すると、返済のプレッシャーだけで押しつぶされてしまいそうです。それと私は元々お金を借りるという行為がすきではありません。なので今までクレジットカード以外の借金はしたことはありません。(カードも全て翌月一括です。)それと、もし自分が本当に1.000万貯める事が出来たら、それこそが何よりもの「自信」になると考えたからです。
そして私が不動産業界を選んだ理由は元々やってみたいと思っていた仕事の一つだった。という事と、学歴・年齢関係なく実績によって歩合がかなり高いという事でした。最初に入社したのは、関西では大手の不動産賃貸業者の賃●住●サー●スという会社でした。この会社は賃貸業者の中では今でも一番歩合が良いと言われていたのも選んだ理由の一つでした。訪販業界と違い全くの素人ですので、私は腰を低くしてとにかく早く営業に出してもらう事を一番に考え、ひたすら雑用、勉強を頑張りました。営業に出るまでは研修期間になり給料は18万しかなかったからです。その店舗は本当に変なやつの集まりで、とてもウザかったのですが、1日でも早く営業に出て稼ぎたかったので、ひたすら嫌な人間関係を耐えてがんばっていました。
自分で言うのも変ですが、私はやり出したらとにかく真面目にできることを全てこなします。そしてそこの店長が「1ヶ月間雑用と勉強頑張ったら、営業に出てもいいよ。」との言葉をもらっていたのでとにかく頑張りました。そして耐えに耐えた一ヶ月が過ぎて店長に「じゃあ今日から何の営業やったらいいですか?」とニコニコしながら聞いたら、なんと!その店長は平然とした顔で「ん~、あと1ヶ月雑用やってもらおうか。」と言いました。ブチブチと頭の中で何かが切れました。社員全員いる前で私は、その言葉を聞いた瞬間「あーそうですか、ホナ今辞めますわ!!」とブチ切れて一括して帰りました。さすがに周りの人間は唖然としていましたが、私はそんな約束も守れない店長の下で働く気もないしとにかくのんびり給料18万で過ごす時間もないと考えていたからです。

 さて、張り切って辞めたはいいが、次は何も決まっていません。そこで、その会社を辞めた帰りになぜそう思ったかはわかりませんでしたが、以前私の部屋を紹介してもらった不動産屋のお兄さんがいたのでなんとなく電話をしてみる事にしました。アットホームな人だったので何か良い事を教えてもらえるかもしれないと期待しながら電話してみました。「Hさんですか?以前部屋を紹介してもらったMと言いますが、覚えてはります?」と、自信なさげにきいてみたところ「おー、M君か!久しぶりやなぁ。どうしたん?」という感じで覚えていてくれて、「いやぁこうこうこんな事があってさっき賃●住●サー●ス辞めてきたんですわ。」と言うと「おーそうか、不動産やってたんや!?今ウチも人材募集してんねんけど良かったらくるか?」と言われ早速その店舗に行って雑談を交えながら社長に面接してもらう事に。そして賃●住●サー●スを辞めて次の週からそのKという店で働く事になりました。ここでまた一ついい人間、いい会社に出会う事になります。
 この会社はとても社長が良い人で元々この社長が不動産事業をサブでやっていて本業で稼いでいる人だったので歩合もかなりいいほうでした。前の会社と違い人間関係も良い会社でした。そしてなんと!1ヶ月目から営業に出してもらえる事になったのです。私は訪販で培ったノウハウがあるので営業にはかなりの自信がありました。心の中では一ヶ月目から最低でも50万は取れると考えていました。いざ、営業に出始めて1ヶ月過ぎて私の成績はとんでもないことになりました。
それは私の今までの営業の自信を打ち崩されるものでした。なんと始めての給料は手取り10万円です。これは成績が悪すぎる場合はノルマを達成できなかったという事で基本給20万円からノルマ割れ-10円が引かれるからです。なんとあれだけ営業にじしんのあった私は最低の成績を残し惨敗に終わったのです。
しかし、私は落ち込んではいませんでした。なぜなら何か自分の気づけていない営業ポイントがあると考ええたからです。この問題をクリアすれば必ず成績は上がる。という早くこの営業ポイントを見つけなければと思い勉強しました。そして、その営業ポイントを2ヶ月目の頭には私はなんなく自分の物にしました。
訪販の営業と不動産の営業スタイルは全く別物でした。そして2ヶ月目が終わって入社2ヶ月目の私の給料は90万円でした。このとき私は不動産業界に目をつけたことに狂いは無かった事を確信しました。

 それともう一つこの会社に入って気づいたことがあります。それは商売の楽しさと基本です。なにかと言うと私は訪販畑一筋だったので、お客さんから買いたい、こんなもの探してるのですが。と言われる事はありませんでした。こちらが全て売り込んでいく仕事だったからです。しかし、不動産業界は違います。お客さんがこういうものを探していてそれに近いものを私たちが紹介する。すると会社も儲かるしお客さんも喜んでお金を払う。最高のBtoC(Business-to-Consumer)の関係が築けるのです。※BtoCはECの言葉らしいですが私は一般でも使ってるので突っ込まないでくださいね。類義語:BtoB企業間取引(Business to Business)CtoC消費者と消費者の取引(Consumer to Consumer)
 さて、雑談はさておき商売とはこうでなくてはいけないのか、と気づきながらもとりあえず法人化に向けての1.000万の目標に変わりはありません。とにかく営業で頑張ると言う事です。しかし不動産の場合営業だけではいけません。集客の必要性もあったのです。私は給料は今まで他の仕事ではもらった事のない額の給料を毎月もらっていましたが、以前100万円を一週間で使い果たしてお金を貯める難しさを体感していたので「絶対に無駄使いはしない!」と決めていました。とか言いながらもやはり道楽の一つも必要かと考え、お酒にかけるお金だけは惜しみませんでした。といっても1ヶ月に使うお金は25万から30万ほど使っていましたので今までと比べたら贅沢してたんですが・・・。

 貯金が100万円を超えてから私は貯金する事に快感を覚えるようになりました。いつも給料日には三井住友銀行に給料が入るので生活費だけを置いて残りはUFJ銀行に入れていきました。今思い出しても、UFJの通帳を毎月みるのが楽しくて仕方ありませんでした。
と、言っても私は働きまくりました。なぜかというと1日休むとお客さんに接客できない日が1日増える=売り上げが伸びない=給料が少ない。となりますのでとにかく私はこの不動産会社にいるときは会社を休みませんでした。朝の6時まで飲んでいても8時には起きて会社に行っていました。盆と正月の店自体が休みのときはさすがに出れませんが、この会社に入って1年間通して休んだのは10日間ぐらいだと思います。365日の中の10日なので実際355日働いたと考えると私もたいしたものです。
それでけお金を貯める事に執着していたのかもしれません。それと、不動産の仕事自体がとても楽だったからです。なにを基準に「楽」というかはひとそれぞれかもしれませんが、訪販経験者からすれば、これだけ仕事内容と給料のバランスがかけ離れている仕事は不動産業界ぐらいかもしれません。

 そして私の貯金はこの1年間にどんどん増えていきました。もちろん仕事ずくしですので使う暇がないと言うのもありますが、私自身使うつもりもありませんでした。300万…400万…と増えていく中、ノッているときは運さえも自分の方に向いてくれます。仕事の用事で難波に出かける用事があり、たまたま安田記念の日でした。私は競馬は普段から全くしないのですが何回かやった事がありもちろん全て負けていましたが、たまたま買ってみようと思ったのです。新聞も見ず、ウマも知らないので完全なる勘で9レースと11レースを適当に数字の予想で1万円分買ってみました。買った事も忘れていて仕事に夢中になっていて仕事が落ち着いた夕方に結果を見てみるとなんと。9レースと11レースの両方万馬券が当たっていました。これは今でも信じられませんが、メインレースをかけるのは当たり前としてもなぜ9レースを買ったのか?今でも謎です。そして両方万馬券。私はすぐに貯金しに行きました。

 そんな不動産賃貸業界もお客さんの来ない寒い時期があります。それは夏~秋です。この辺りで私の貯金も勢いが止まりました。ちょうどこの辺りで500万ほどでしたでしょうか?やはり1.000万の道のりは遠い。そんな事を思いながら過ごしましたがなんと言っても半年で500万貯めた事自体自分を褒めたい気持ちでした。
そして寒い夏~秋が終わりここから不動産賃貸のシーズンです。10月・11月・12月で250万増えました。そして今でも忘れない過去最高給料!1月。なんと月間手取り200万を記録しました。貯金は今にも1.000万への手前です。そして忘れもしない2月。遂に目標の貯金1.000万を達成しました。まさか自分でもこんなに早く貯金1.000万を達成するとは思っていませんでした。まさに気が付いたら500万。がむしゃらに頑張っていたら800万。ラストスパートで1.000万といった感じでしょうか。とにかくがむしゃらに目標に向かって突っ走った1年でした。なんと言っても1年前は給料10万円の貯金0円の22歳でしたので、そこからの怒涛のラッシュは今考えてもいい環境と頑張れる自分がいたからだと思います。この年の私の年収は1.400万ほどありました。入社1年目22歳で年収1.400万もらえる会社は営業以外ありません。もし、自分の可能性を試したいという方はチャレンジしてもいいかもしれませんね。
そしてこの1年で得た経験と貯金と自信はなによりも今後の人生において必要であったなと思います。そして23歳になった私はその年の4月にこの会社を辞める事にしました。もちろん環境、仕事内容、給料ともに申し分ない状態でしたが、営業の人間も増えてきて、さすがに次の年も同じ給料が取れる状態でなくなるのも見ていました。取れて年収600万でしょう。目標を達成して、次の目標にシフトです。もちろんシフトしたのは安定した年収600万円ではありません。そして私はその会社を辞めました。貯金1.000万円の目標を1年で達成!次は遂に独立か!?
つづく・・・人気ブログランキング←押してね。

第7章「達成感と心境の変化」

 さて、無事に1.000万の目標を達成したむらやんは何の為に1.000万貯めたのか!?その目標とは以前にも書いていたように、株式会社を作り訪問販売で独立する事でした。しかし、私は不動産業を経験して思った事は「別に訪問販売じゃなくてもいい」という事でした。なぜ今まで訪問販売を目標としてきたかと言うと、訪販しか経験がなく自分にできることはそれしかないと思っていたからです。
今でもたくさんの訪販関係者に知り合いはいますが私は「わざわざ訪問販売でなくても良い」と思うようになったのです。しかし、独立するという目標は変わっていませんでした。そして貯めた1.000万円。しかし実際株式会社を作ろうと思ったら司法書士にお願いするか、自分で作るかなのですが大体30万から50万ほど設立費用が必要です。この時点で資本金の1.000万はありましたが設立にかかる諸費用はありませんでした。
 そこで私は考えました。「不動産業いっとくか?」なんとも優柔不断な性格です。しかしこれには理由がありました。何かというと訪問販売業界にカナリ風当たりがきつくなっていたのです。簡単に言うとローンで購入してもらいますが、基本は購入後8日間以内ですとクーリングオフができます。しかし、8日間過ぎるとクーリングオフ(キャンセル)出来ません。当たり前の事ですが、現在では特定商取引法が改正され、極端に言えばほんの少しの落ち度でいつでも好きなときにキャンセルできるようになったのです。
つまりはショッピングローン(信販)で訪販を行ったときにカナリ細かい規制をきちんとクリアしておかなければいけないと言うことです。
極端な例えになりますが、訪問して販売する場合であれば、「訪問販売に来ました。この30万円の浄水器を買ってもらえるよう商談したいのですがいかかでしょうか?」と言うふうに言わなければいけないのです。仮にウマイ事言って契約したとしても一生いつでもキャンセルできるので恐ろしい話です。
つまりは何かのきっかけでキャンセルが相次げば販売店に責任が全て降りかかってきます。アゼクラが潰れたのもこの法改正の影響を直撃したのだと思われます。なので今後も訪問販売でイケイケで売ってきた業者はキャンセルの嵐となり倒産のラッシュが予測されます。
要はこの法改正の話がそのころからかなり広がっていて訪問販売やマルチ商法などの「胡散臭い商売」は世の中から叩き出される標的だったのです。
※ちなみに私はマルチ商法関係は結構詳しいですが、一回もやったことはありませんので勧誘などのご心配も無問題です。変な信仰宗教等もやってませんのでご安心を。

 と、言う事で方向性を変えなければならない状態でした。訪販がダメなら不動産と考えていましたが、この頃の私は1.000万の目標を達成して訪販の業界がサムイとなっていたので、目標達成感からのんびりしていました。とりあえず資産を減らさずメシ食えるぐらい何かで頑張りながら方向性を決めようと・・・。
そして不動産を辞めて友人とかなり色々な事をしました。(詳しくは書きませんが、カナリ色々やりました。)最後に賃貸で1.000万貯めて辞めてから今で4~5年経ちますが、この間、雇われで働いたのは不動産の売買部門を勉強しようと1ヶ月だけノウハウをパクリに行ったぐらいでそれ以外は友人達と色々なビジネスを考え試してみたりと生活費を稼ぎながら毎日輪過ごしていました。なので、「こういうビジネスはどう!?」と友人と話し、「よし、やってみよう!」の繰り返しでホントにすぐに飽きてしまいコロコロコロコロやる事を変えていました。
そんな中、ふと自分の頭の中で「ビジネスチャンスは東京にある!」と勝手に思い込み東京に移住する事に決めました。すぐに住んでいたマンションを解約し東京にいくことにしました。幸運にもそのとき付き合っていた彼女が東京に5年ほど住んでいて結婚している友人夫婦がいるとの事で、自分の部屋が見つかるまで居候できる事になりました。そしてむらやんは東京に旅立ちました。むらやんは東京でビジネスチャンスを掴む事ができたのか!?つづく・・・人気ブログランキング←押してね。
※細かく書きたい事もたくさんあったのですが、友人との兼ね合いで書けない事もたくさんあるので今回は短めになりましたがご勘弁ください。

第8章「東京ライフ」

 さて、何のあてもなく上京したむらやん。いきついた先は友人宅の目黒区「ほぉうここが目黒か。」と色々と友人夫妻に紹介してもらいまずは駅周辺を探検。やはり新しいもの好きのむらやんは探検家ばりに武蔵小山周辺を探索してました。それにしても全ての大阪の荷物を処分しての旅行バック一つでの新生活は、夜逃げしてるひとの心境が良くわかります。なんと言っても自分のものが何もないのでカナリ不便です。一番困ったのはパソコンがないので情報収集が全然出来なかった事でしょうか?
とりあえずは情報収集と土地勘になれることかなと思いインターネットカフェに良く行ってたのを覚えています。しかし、特に何かをすると決めてきたわけでもないのでこれもまた困りました。何かビジネスチャンスがあるはずと思いやってきたのにその「何か」を見つけることが出来ないでいました。そのとき私は就職やバイトなどは一切考えていなかったので、知り合いが出来る環境でなかったのもあまり良い環境ではありませんでした。
唯一少ない関東の知り合いに合ってクラブに行ったりは飲みに行ったりは良くしました(渋谷のroomとかはよく行きましたね。)実際遊びに来ていたわけではなかったのですが、探している「何か」が見つからないまま時間だけが過ぎていきました。
実際に生活してみると東京はとても街の規模がでかいので知り合いは少なかったですが、毎日が結構新しいものとの出会いだったので結構楽しかったりしました。

 しかし、なかなかその「何か」が見つからないまま時間が過ぎていて大阪の仲良くしてもらってた人と電話でパチスロの話をしてたときにその知人が、「ミリオンゴットでるから面白いで。」というのを聞いて、パチンコ・パチスロは大阪にいたときは封印していたのですが、暇つぶしに行くようになりました。ここからがだらだら人生に突入です。結局、東京に出てきてはじめはその「何か」を見つけようと頑張っていましたが、遊んでいてパチスロしていてぼーっと無職を続けていると、「とりあえず、今が生活できたらいいか。」と思うようになっていました。友人宅にずっといるわけにも行かないので部屋探しをしてたんですが、東京はとにかく家賃が高い!!大阪の1、4倍ぐらいするので掘り出し物を見つけるのは大変です。当初は東横沿線とかで探していたのですが、さすが人気路線。強烈に高い横浜まで行けばだいぶ変わりますが、渋谷・新宿にすぐにいけるようなところがよくて不動産屋で部屋を探してもなかなか自分の条件に合ったところが見つかりませんでした。何件か探してみたのですが時間ばかりかかって効率が悪いので不動産の経験もあったので自分で探す事にしました。

 不動産経験者からすれば自分で部屋を探すのは簡単です。方法としては住宅情報誌を買ってきます。そして管理会社の名前と電話番号が載っていますので電話して「●●ハウジングですが(適当な社名を言う)御社の監理物件の資料をFAXいただけませんか?」と言えばこちらのFAX番号を言えば送ってきます。このとき私は友人の家のFAXを借りて、適当な社名で●●ハウジングですが・・・といえばドンドンFAXが送られて気ます。
後は今まで見てきた知識があるので築年数と間取り図面を見れば大体どんな物件か想像できます。それに自分の家賃の条件の範囲内の物件に絞込み次は絞り込んだ物件を自分で見に行きます。鍵は大体現地の近くにおいてあるので不動産屋さんに鍵の所在を聞いて自分の眼で見に行きます。そして気に入ったらその物件を決めるわけですが、私は何件か回って家賃と物件の内容(場所など)を照らし合わせて浜松町(東京タワーのすぐ近く)の物件に決めることにしました。しかし!ここからが問題です。不動産の物件を管理会社を通して契約するには不動産の免許がないと契約できません。もちろん私はただの個人なので契約ができません。浜松町の物件を決めるために、ここからちょっと面白いのですが、ある作戦にでました。それは何かと言うとまず、問い合わせしているのは大阪の不動産業者ということにします。もちろん自分で電話しているのですが。そして大阪で東京の部屋を探しているお客さんがいると説明します(このお客さんも自分)そして、「浜松町の物件を見て資料だけで決めるといってるので、当社(大阪の業者の事←自分の事)は東京に行けませんので、このお客さんを直接そちらの管理会社に行かせますのでそちらの会社で賃貸契約してもらっていいですか?」という。(自分に不動産免許がないのでそうするしかない。)そして「紹介手数料はこちらでもらっておきますね」と言う。すると実質手数料無しで不動産の契約が出来てしまうという裏技です。そしてその東京の業者のビルの下に着いたら自分の携帯からその管理会社に大阪の業者のフリをして電話を入れる。「今、お客さんが御社の下まで到着したみたいなので契約のほうよろしくお願いします。」と言う。
そして自分でその管理会社に行って「大阪の業者さんにここにくるように言われたのですが。」と入る。すると相手は、私が一人二役していることも知らずに「あぁ、聞いてますよ。では契約書のほうに記入お願いします。」と言って契約をかわして鍵を受け取りました。うーん自分で言うのもなんですがはっきり言って自分で一人二役してるのはとっても恥ずかしいものですな。でも、これで自分で探した物件に手数料無しで入れるのでよしとしましょう。※ちなみにこの手法は使える業者と使えない業者があります。ちなみに今住んでいる大阪の家も自分で探して激安でコースを自分で決めました。今後この手法を使うかどうかはわかりませんが。

 そして私は自分の家を構えました。順調に東京の生活にも慣れてきて仕事を全くしていなかったのでとりあえず自分のビジネスチャンスを見つけるまで収入を取れるよう仕事を探しました。そしてある仕事をやっていたのですが、これはいろんな知人との関係上書けませんが、十分儲かる仕事です。しかしこの仕事をきっかけに後に今後の展開が急変するともしらずに毎日を過ごしていました。収入も十分ありのんびりビジネスチャンスを見つけるべく日々過ごしていましたが、人生のターニングポイントやってきました。この人生のターニングポイントの内容はホント申し訳ないのですが、ちょっとブログには色んな関係上お書きする事ができません!!申し訳ない!!そして東京に来て4、5ヶ月目のむらやんに衝撃の事件が勃発しました!!この事件により私の人生は急展開することになりました。つづく・・・人気ブログランキング←押してね。
※今回もかけない事がたくさんあり、まことに申し訳ありませんが内容はご想像にオマカセということでよろしくお願いしますm(__)m急展開の次回に期待。

第9章「人生急展開」

 その東京での「ある事件」をきっかけに私はメンタル的にショックを受け東京でビジネスチャンスを見つけることもなく大阪に帰ることにしました。何か自分の中で吹っ切れてとりあえず帰って会社を作る事にしました。
そして私は大阪に帰ってきてとにかく会社を作ってみようと思い、「有限会社の作り方」という本と「株式会社の作り方」という本を買ってきて色々勉強してみると株式会社はややこしそうやし有限会社の特例で3年間税金を免除してくれるというのが使えなかったので資本金300万円で有限会社を作ってみる事にしました。私は超単純ですので特にする事も決めていなかったのですが、やるとしたら「訪問販売」か「不動産業」のどちらかしかないかなと思っていました。
しかし、欲張りなので何でも出来る会社にしたいと思い会社の定款(会社の業務内容を記載するところ)にありとあらゆる業種の内容を書き込み何でも出来るような会社をつくることにしました。後にこのありとあらゆる業種を書いたことでややこしくなってくるのですが。それと、あまりにも単純にただ会社を作ってみるという発想だったのでやはりする事をきちんと決めてから最初はモグリでいいので軌道に乗ってから会社を作ったほうがいいと思いました。(すぐに信用がいるような業種では無理ですが。)

 そして定款を作り、公証人役場に行きUFJ銀行で出資金払い込み保管証明書をもらい法務局に必要書類を提出して思い立ってからつまづく事もなく2週間ほどで有限会社が出来上がりました。正直私は「こんなに簡単に会社ってできるんかぁ。」と思った事を今も良く覚えています。さて、会社を作ったはいいが全く計画がなかったので何をすればいいかわかりません。モチロン東京でビジネスチャンスも掴めていないので営業現役時代から比べて逆にブランクがでて営業に対しての自信も前ほどはなくなっていました。さて、何をするかを色々考えていたんですが、まず訪問販売をするなら信販会社との契約が必要になってきます。コネもないし通常立ち上げたばかりの会社は契約不可能です。ひとまず保留にして、次は不動産賃貸業を考えましたがこれは不動産免許を取得しなければいけませんし、いろんな協会に入らないといけないですし広告などの初期投資がかなり必要なので100%勝てる勝負でもないのにいおきなり資金の全額をぶっこむのは危険と判断してまたまた保留にしました。そして最後に出てきた答えは、「オレできることないやん。」でした。結局、作った会社はとりあえず放置することになりました。

 むらやんはせっかく作った会社をいきなり休眠会社にして(会社を作って会社名義で儲けてたら税金を払わなくてはいけないので。)友人達と色々なビジネスを模索することにして、またしても「モグリビジネスライフ」がはじまる事になり、日々ニュービジネス研究とプチ実践を繰り返していました。とにかくそのとき一緒にやっていた友人と私は「極度の飽き性」プラス血液型が「B型とB型」のなかなか面白い状態だったのでポンポンと色んな事を試してあまり儲からなければすぐに次の事を試しての繰り返しでした。あの時はホント毎日友人とビジネスの模索を続けていたので「ビジネス評論家」みたいになってました。そんなこんなで最終的に不動産賃貸業を知り合いに頼んでモグリで、すこしの間やっていました。とは言ってもあまり儲からないので日々生活費を稼ぐ程度でしたが。そんな時、その友人とモグリで不動産仲介をしてるときにあるインターネットビジネスをノリで試してみました(新しいことに日々挑戦していたので。)最初はちょっとしかお金が入ってこなかったのですが、試行錯誤を試してやっていくうちに結構稼げるようになってきました。

 そこでモグリの不動産仲介をやめ仲の良い家主さんが事務所をもっていたので事務所を借りる事にしました。私はその家主さんとメチャメチャ仲が良かったので、通常保証金35万で家賃75.000円ぐらいの事務所なのですがとりあえず電話して、「●●サン(家主)ちょっとあの事務所僕が借りようと思うんですよ。明日ぐらいから使えます?」と言って家主さんは「じゃあMさんだから保証金20万円で家賃は72.000円ぐらいでいいよ。」といってくれましたが、私はすかさず、「じゃあ保証金は0円で家賃は68.000円ぐらいでいっときますか!!」と強制的に鬼の値交渉をして保証金0円の家賃68.000円にしてもらいました。さらに凄いのが、かなり仲が良かったので契約書も無しで言葉一つの契約で早速入居しました。今考えてもなかなか強引な事をやってたなぁと思ってしまいます(今でも出来ますが・・・。)そして友人達とインターネットビジネスをしばらく続けていて、お金もボチボチ入ってきてたんですが、よくよく考えると自分の家で出来るしひとりでも出来るビジネスだったので、みんなが分かれて各それぞれで儲けるようになり、事務所とはおさらばしました。そんな生活がしばらく続いていたんですが、インターネットビジネスの方もあまり儲からなくなり、だらだらしている自分がいやだったので「こんな生活は変えよう」と思い、以前絵画の会社で働いていたときの上層部の知り合い(今はかなり儲けている会社の幹部のかたですが。)に連絡をして色々話をしていたら、「Mが訪販やりたいなら訪販のクレジット(信販)と商品なんでも扱ってる知り合い紹介したろか?」という今までなかったコネクションを紹介してもらえる事に!そして、そんなだらだら人生が知り合いの一言によってまたしても急展開する事に。さてむらやんは訪販業界にカムバックすることになったのか!?休眠会社はどうなったのか!?つづく・・・人気ブログランキング←押してね。

第10章「新たにスタート」

 そして私は、以前働いていた絵画の会社の幹部の人に、クレジットと商品の卸に強い人を紹介してもらう事になりました。待ち合わせは梅田のヒルトンホテル絵画の会社の幹部の人と言う人は高田純次がヤクザになったような感じの人なので、紹介してくれる人は「うーん、いったいどんな人なんだろう。」と緊張しながらもヒルトン一階の喫茶店へ。
高田順次(ヤ風)が見えたので、「あー、遅れてすみません●●サン。」と席に着くとなんとびっくり、とても若い好青年。年齢は29歳のやり手企業家。早速紹介してもらうと株式会社の代表取締役の名詞をさらり。そのとき私は25歳で思った事は、「ス、凄い。そしてなんかすげーくやしいんですけど・・・。」そしてクレジットの話になりお互いの連絡先を交換して、契約する場合の会社の話しに。私は自分が作っていた会社の謄本を持ってきていたので渡して問題がないか見てもらうことに。まぁ特に問題もないと思っていたんですが、以前むらやん物語でも書いていたのですが、定款の事業内容のところに問題が!!それは、会社を始めてつくるときだったので、何でも出来る会社がいいと思い、事業内容にありとあらゆる業種を書き記していたのです。特に問題になっていたのが、金融業、風俗業(遊技場の経営含む)の二つの箇所でした。
 なぜなら、信販会社と契約する会社が金融業やってるという事がまずおかしい。なぜ金融屋が信販会社と契約しようとしているのか!?と言う事と風俗ってなんやねんと言う話です。しかもありとあらゆる業種を書き込んでいるので、一体この会社は何をやってる会社なのか?ということに疑問も出ますし、とにかく「怪しい」という結論になりました。
私はこのとき「うーん、なんて安易に考えていたのだろう。」と、強く思いました。なので、もしこのブログを読んでいる人で起業を考えている人がいるのでしたら、会社を作るときは、「業務内容ははっきり簡潔にわかりやすく書く。」「怪しい業種は書き込まない」の2つは考えて設立したほうがいいと思います。銀行との付き合いなどを考えると、大手都市銀行などなら、コネがなければ全く相手にされませんのでご注意下さい。そしてとにかく何をどうやってクレジットを使って売るのか?という話になり、商品なら何でも1がけか2がけで入ると言う強気なコメントももらい会社の問題もあったので後日ゆっくり話を詰めていくことに・・・。

 しばらく経って、その紹介してもらった人の事務所に行き訪販の販売内容などを詰めてゆくことになりましたが、なかなか私の思っているように話は進まず(卸値や手数料の折り合いで。)、ミーテイングが続く毎日でした。つまりは今の提示条件で私が動いてもそこまでおいしい状態にはならない感じだったので話は一進一退でしたが、ある日その人が別の提案を持ちかけてきました。それは何かと言うと、元々その人の会社は商品の卸と、クレジットを紹介する代わりに信販会社から入ってくるキックバックを手数料として受け取っていた会社でした。
 キックバックと言うのは、身近なもので言えば例えば車をローンで購入したとしましょう。300万円の車を5年ローンで買ったとしてお客さんは車体の代金と5年分の金利をr-ン会社に支払います。仮に5年間での総支払額が金利込みで350万だったとします。つまりは50万円は金利なのでローン会社の儲けです。しかし、元々そのお客さんを紹介してくれた車屋さんに「ウチでローンを組んでくれるお客さんを紹介してくれてありがとう。」という意味の謝礼をその50万円の中から車屋さんの数%支払います。例えば謝礼が10%だった場合は車屋さんに5万円払いますので、ローン会社の儲けは45万円になります。その5万円の謝礼がキックバックです。キックバックと言う言い方をしたらいやらしいですが、簡単に言えば「販売促進手数料」といったところでしょうか。まぁどの業界でもだいたいキックバックはありますけどね。

 話が長くなりましたが、つまりはその人の会社は訪販にクレジットと商品を紹介して卸の差額とキックバックをメインの収入源としていました。そこで、私が会社を作って同じような会社を作ろうという事になったのです。そして、そのキックバックを折半しようという事でした。つまりは私的には自分の信販が使える会社が持ててキックバックもついでに入ってくると言うとってもおいしい話だったのです。そして私はその会社を作る事にしました。以前から眠らせてる会社では信販会社と契約する事が難しそうだったので、私は、以前から眠らせている休眠会社は捨てさらに、もう一つきれいな会社を作ることにしました。会社の設立は一回やってるので、司法書士に頼まなくてもたやすいものです。手数料をむだに20万も30万も馬鹿らしいのでみなさんも自分の会社を作るときは是非自分でつくりましょう。そして、定款を作り公証人役場に行き、最終関門の「銀行での出資金払い込み保管証書」を作成してもらう段階までたどり着きました。以前はUFJ銀行で出資金の証明書を出してもらったのですが、この証明書を都市銀行などの大手に出してもらうには多少の付き合いが必要です。
以前はUFJに一千万円をずっと預けていたのですぐに出してもらえましたが、今回は同じ銀行で数ヶ月しか経ってないのに、なんでまた保管証明書なのか?とUFJの担当が怪しく疑ってきました。そしてUFJの担当が、最後に私に言ってきた言葉は「当社は保管証明書は1回しか出せません。」とナマイキなことを言ってきました。
 それを聞いて私は担当にブチ切れて今すぐ口座解約して金を全部出せ!!と怒ってUFJとは今後一切付き合いしないと決めました。こんな会社すぐに潰れるわいっ!と思ったらホントに潰れて東京三菱UFJになってしまいました。それはさておき、怒って口座を解約したのはいいですが、今まで付き合いしてきていた銀行などどこにもありません。しかし!保管証明書を出してもらわなければ会社が作れないので困りました。そこで、私は右手の紙袋に握り締めている一千万を持って難波の三井住友銀行法人部に行きました。そして、そこで出てきた担当がめちゃめちゃ気の弱そうななんでも言う事を聞いてくれそうな人だったので「これはラッキーなんとかうまいことやろう」と俄然やる気が出てきました。そして法人の出資金払い込みの話になって、とにかくお金を持っているフリをして、300万しか必要ないのですが、「とりあえず、今日は手持ちの一千万をいれますわ~」と思いっきり全財産でハッタリ。そしてら担当の人が「大口キタ!?」と勘違いしてくれたのか、「出資金払い込み証明書は当社で発行できますよ。」とニコニコ言ってくれたので作戦は無事成功しました。そして無事会社を作る事が出来ました。

 そして、次は信販会社とのクレッジット契約です。これははっきり言って設立したばかりの会社ではコネがないとまず契約する事は不可能です。最低でも2、3年の決算書が必要になるからです。しかし!その人は人脈がとても凄く広く信販会社の上層部の方々とツーカーです。紹介してあげるよとよく一緒に連れて行ってもらいましたが、外資の大手2社(名前は出せませんが誰でも知ってる会社です。)の常務や副社長などの人とも名刺交換させていただきました。普通なら門前払いですが、とにかく紹介してもらう人のほとんどが社長や取締役などのVIPな人ばかりでした。このとき私が色んな話を聞いていて思った事は、「やはり世の中、金とコネか。」と痛感しました。そんなこんなで色々と大変な事もありましたが、なんと!最終的に私の会社は外資大手のクレジット会社と契約する事に成功しました。そして順調に事は進んでいたのですが、私はその自分の会社の事だけではなく、その人の会社の色々な事も手伝うようになっていました。もちろんかなりお世話になっているのでそれなりのことはもちろんしなければいけないのですが、私の当初考えていた方向とは、だいぶずれてきていました。そんな中とお世話になっている人にはとにかく為になるように色々と頑張っているとはっきり言って自分のやりたい事が出来ない状態です。そして話はどんどんづれてゆき、元々私が訪販で独立する感じだったのですが、その人と一緒に訪販会社を立ち上げる話になり、その流れでそのまま同時進行になってゆきました。そして販売の出来る友人が私は多かったのでみんなに声をかけ総勢7人ぐらいの訪販会社ができあがりました。そしてそこからその人と終結した仲間と訪販を始めて頑張っていたのですが、ほとんど訪販の仕事がメインで、みんなを引っ張ってきたのが私なのでかなり精神的に疲れるようになって来ていました。

 そんなとき、その人が紹介してくれた凄い人がいて、申告してる表の年収だけで5.000万以上あり色々な収入を考えるとカナリのミリオネアです。その人と色んな話をしているときに株の話になりました。詳しくは書けませんが、その人はライブドア株で1億突っ込んで2倍になったのですぐに売り抜けて短期間で1億儲けたという話を聞いて、私はすぐにEトレード証券に口座を作りました。なぜならこんな凄い人たちと一緒にいたら「インサイダー情報をもらえるかもしれない!!」と思い500万円を入金していつでも株を買える状況にしておこうと思ったのです。その人の別の知り合いでよく電話していた人がいて、私が「今の人は何でメシ食ってるんですか?」と聞いたときに、「いや~コイツは商売とかじゃなくて財テクとかで食ってるから投資関係やで。」とか言う話を聞いていたら「財テクかっちょええ!!」と思うようになっていました。しかし!訪販の仕事がかなり忙しかったので、株の事を勉強する暇もなくいつも値上がりランキングを見ては、「いつかインサイダー情報入ってこないかな?」と日々妄想していました。そんな日々がちょっとの間続いていたある日のことでした。契約していた外資大手のクレジット外会社が日本でのクレジット事業を撤退すると決めたのです。つまりは、もうその外資の信販が使えなくなるということでした。他の外資とかの金融もそうでしたが、訪販業界自体に氷河期が訪れようとしていたのです。それはなぜかというと特定商取引法(旧訪問販売法)の改正がどんどん進んでいき、「消費者を守る」「訪販は追放」というスタイルになってきていたのでした。クレジットも使えなくなると業界自体大変なことになるのですが、外資が引いただけで日本の信販会社は厳しくはなりましたが、その業界で頑張って行こうと思えばかなりのコネクションがあれば別ですが、私のような素人からすれば、「天井を打った暴騰銘柄に信用全力で買いに入る」ようなもので危険極まりない状態でした。そんな状態になっていき、私はこの業界から引いていこうと思いはじめました。しかし、引っ張ってきている仲間達がいるのでこれまた大変です。そんな色々と大変な時期をなんとかみんなに納得してもらい各それぞれの道に行ってもらうことで承諾してくれました。みんな本当にいい仲間なので申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、さすが見込んだ仲間!!みんな人間出来ています。ほんとにそのときは仲間のみんなに感謝しました。そして、その訪販業は「インサイダー情報を仕入れる事もなく」解散になりました。
 そして、解散して疲れ果てていたむらやんはその後どうしたのか!?またしても次回急展開です!!つづく・・・人気ブログランキング←押してね。

第11章「訪販業界撤退。そして・・・」

 会社を作り、某大手外資系信販会社と色々なコネクションにお願いして契約までしていた訪販業界を、外資の勝手な都合で強制的に撤退する事になったむらやん。さてその後、どうしたのか!?
私は結局訪販業界を撤退して、生活していかなければいけないので、以前やっていたネットビジネスに舞い戻りました。しかし、このビジネスを以前やめた理由はあまり儲からなくなってきていたから辞めたので、生活費は稼げても「儲けている」と言う状態には程遠い状態でした。しかしながら、自分の出来る事でお金を生む方法がそれしかなかったのです。なので不本意ながら何とか生活費を稼ぎ、頑張っていました。
 そんな時でも、訪販業界の時に知り合った「ライブドア株で大儲けしたミリオネア」の人のことを良く頭の中に思い浮かべていたのを今でも良く覚えています。ですが、周りに株をやっている人もおらず、口座と金はあるけど、「稼げる自信」が全くありませんでした。日々、ネットビジネスをやりながら毎日「ヤフーファイナンス」の値上がりランキングを見ていて、「えー!!1日20%上がったら1000万で200万かいな!!」とか妄想してました。その頃から株の本を良く読むようになり色んな株のハウトゥー本を読むようになりました。大体どの本も書いてる内容は同じで、「損切りが大事」「逆指値が便利」「楽天のマーケットスピードがリアルタイムツール」とかの繰り返しで、結局やってみなければわからないことばかりでした。しかし、自信のない私は「自信のないものにはお金をつぎ込まない主義」なのでしばらく本を読んだりランキングを見たりの繰り返しで、「いつかは株始めてみたいな。」ぐらいの感覚でした。

 そんな状況の毎日が続いていて、以前から私はやった事もないのに友人に「株は絶対アツイで。」といい続けていたら、友人がEトレに口座を作って株をはじめると言い出しました。しかし私は未経験なのでなんとも言えないので、「マジで!マジで!?」の繰り返しでした。そのとき私は株をやった事がなかったのでその友人の事が株を始めているのかどうかが気になって電話しました。すると、「おー、買ったよ。でもイキナリ10万負けた。」と言ってきました。それを聞いて、「いかん!!ワシも負けてはならん!!早く株を始めなければ!!」と強く思い、次の日すぐにパワーEトレード(無料ツール)の使用期限が切れていたので、できたばかりのハイパーEトレードを購入申し込みして早速、株を始めてみることにしました。
 とは言っても、ズブのド素人。何を買っていいのかわからないので、とりあえずヤフーファイナンスで前日のランキング
チェック!値上がり、値下がりともに見て、聞いた事ない会社の株を買うのは怖かったのでとりあえず、その日値下がり率が東証1部でナンバーワンだった「イトートーカ堂」を買おうと思いました。その理由は単純で、「こんな有名な企業が10%も下げるとは大変なこと!多分上がる・・・。」のそれだけでした。材料とか地合いとか、日経平均、アメリカ指数とかは全く気にしてなかったので今思えば恐ろしい話ですが。そして、前場の寄付きを見てなんかわからんけど、ハイパーEトレードの注文画面に買い付け余力500万の半分の210万円分を発注しました。(分散投資が本に良いと書いていたので。)今でも覚えていますが、約定通知音が来た瞬間、「なんかヤバくて怖い」という気持ちだったのを鮮明に覚えています。とりあえず、「なんかヤバくて怖い」というイメージだったのでとにかく早く売らなければ!!と思い1ティック上ですぐに指して約定されました。そのときの利益は手数料を差し引いて210万円投資して収支は+2.600円ほどでした。が、正直生まれて始めての株取引で勝った!という嬉しさが一番でした。

 そしてこの取引、これこそが、むらやんのデイトレードのはじまりでした。ブログ右にある「過去の収支一覧」の>詳細を見ていただければ今までの過去の収支が全部見れますが、ブログをはじめたのは2005.06.28です。株をはじめたのは2005.04.22なので、実は昨日でちょうど丸々一年です。本格的に毎日トレード始めたのは6月ぐらいからでしたが、過ぎてみると、早いものでもう一年です。
去年の年末までは今までの総合収支がマイナスで、そのマイナス収支を埋めることに必死になり、去年の11月にようやく今までの収支がプラスマイナス0になりました。そして、なぜかわかりませんが、悲願であったアメリカンエキスプレスの「プラチナカード」まで作る事ができました。ブログのアクセスも始めた当初は1日20アクセスぐらいで年末では300ぐらい。今ではたくさんの方々に見てもらえてとても嬉しく思っています。資産を鬼のように削られた去年の8月も私は常にブログに日々の日記を書き続けていました。
 それはなぜかというと悩み事は一人で考えるとロクなことになりません。基本的に日本人はマイナス思考の人のほうが多いと思っています。一人で悩み事を考えて悪い方に悪い方に考えていたら何も生まれないと思います。それに私は人と接する事が何より大好きです。100億持って友人0人と貯金0で友人100人だったら私は友人100人を選びます。それはやはり人間一人では生きていけないと思っているからです。当然一人じゃないと嫌。という人も中にはいるかもしれませんが、やはり私は一人は寂しいです。
 せっかく生まれてきた人生なので私は寿命のある限り楽しみ続けようと思っています。人生楽しければ意味がないとまで思っています。株も、お金がなくなって出来なくなる事はあるかも知れませんが、自分からやめるつもりは一切ありません。しかし、私は人一倍の寂しがりやで、人と人とのコミュニケーションが大好きな人間です。なのでこれから一生株取引だけで生活していこうとも思っていません。私は今、株をひたすら毎日やっていますが、目標がなくただ、なんとなくやっているわけではありません。目標と夢をいつも頭に思い浮かべながら株をやっています。その目標は、株でウン億円稼いで、出版して海外で優雅に暮らす的な安易なものではなく、毎日がとても楽しく過ごせるような計画です。

 なので私の今の、目標はビジネスプランなのでここでは公表できませんが、達成できそうになれば公表します。ただ、やはりその目標に達成するには金額的には1億3000万ぐらい必要と考えています。なのであと、資産が1億1500万円増えたら迷わすこのビジネスプランを実行します。しかし、株で大失敗した場合はこの目標と夢は、絵に描いたモチになってしまいます。だから私は、今「目標」に向かって突っ走ってる最中です。そのように思っている人はたくさんいますし、その目標を叶えられているひとはごく一部しかいないということもわかっていますが、とにかく今はその目標に向かって突っ走りたいと思います。失敗しても達成してもブログは常に、「嘘偽りなく」続けていきますのでこれからも是非よろしくおねがいしますね。そして最後に、もしこのブログを読んでいてくれる方に、若干27歳の私が物言うのも変な話ですが、参考に出来ればと思い、「自分の向上心を上げる一つのアドバイス」として、言える事は「どんな時でも、目標をなくしてはいけない。」ということです。その目標が具体的でなくても、簡単でも単純でも、常に目標がなければ人生楽しめないと思っています。

 大げさに言ってるわけではなく、その目標が給料が月に1万円上がることも目標に頑張る。ダイエットする。株で10万円儲ける。家を買う。独立する。彼女、彼氏を作る・・・なんでもいいんです。本当に単純に月に1万円貯めると目標を掲げて、1万円貯めて目標達成すれば、必ず次の目標が生まれるはずです。次の月は2万円とか。彼女を作るという目標で彼女が出来たなら、次の目標は彼女と結婚する。次は幸せになるために家を買う・・・。などなど、どんな目標でも達成したら次の目標を掲げることです。私は一時目標がない時期がありました。それはただ、その日のメシが食えたらそれでいい。そんな考え方をしていた時期もありましたが、そのときは何一つ面白いと言えることがありませんでした。なので今、目標がない人がいればすぐにちょっとしたことでもいいので目標を作ってください。必ず今より人生が楽しくなりますよ。そしてなんとなく目標があるけど、全くそれに向かって行動してない方!アクションを起こしましょう!モヤモヤ頭の中でなんとなく思い描いていた目標が鮮明に見えてきます。もし、なんとなくの目標がある方でなにをしたらいいかわからない人がいたら何でもいいので行動してください。例えば月に1万円貯めるという目標ならいきなり1万円貯めるのでなく100円貯金からでもいいんです。なりたい職業や、資格があるならその職業の本や、資格のパンフレットを見るだけでいいんです。ダイエットが目標なら全く何もしてなくても毎日体重計に乗って下さい。これをやる人とやらない人では全く人生が変わってきます。つまりはどれだけその目標に対してイメージできるか。毎日イメージしてください。出来ればノートに書いてください。それだけで目標達成に対してのモチベーションがあがります。

 そして最後に!これが一番重要です。今、上記で書いた内容を読んで「よし!やろう。」と思った方へ、なのですが、そのときだけのモチベーションを上げるだけならその辺の本屋にいって成功哲学、自己啓発の本を一冊読めばやる気になります。しかしながら、おろかなもので、人間刺激を受け、そのモチベーションが続くのはせいぜい1週間です。この言葉を絶対に忘れないで欲しいです。「モチベーションが続くのはせいぜい1週間。」つまりはこのような成功哲学や自己啓発の本やセミナーを受けたところで普通の人は1週間経てば、「まぁいいか。」と諦めてしまいます。もし、1週間でモチベーションが下がってなにもしなくなれば、目標は叶いません。それはなぜか!?目標を叶えたい人のほとんどが一通りのことをして1週間後に忘れているからです。だから、もし刺激を受けて1週間後にやる気がなくなったときにこの「モチベーションが続くのはせいぜい1週間」という言葉を思い出して欲しいのです。目標がかなわない人はモチベーションが1週間でなくなる。と思ったとき、その後もそのモチベーションを保ち続けれるならば目標へはどんどん近づいていくと考えています。
私の場合は単純に負けず嫌いなので「モチベーションが1週間でなくなる凡人にはなりたくない。」それだけが理由でモチベーションを保ち続けています。ちょっと変な信仰宗教みたいな書き方になりましたが、私はぜっかくこのブログにたどり着いてここまで読んでもらった人に純粋に人生で成功してもらいたいから書いています。どうせなら人生楽しくて面白いほうがいい。純粋にその気持ちだけです。かなりシリアスな話になりましたが、人生つまらないよりも楽しいほうがいいと断言できます。なのでこれからも人生を思いっきり楽しんで辛いことも楽しい事に思えるようみんなで頑張っていきましょー!!

むらやん物語は今回で終了となりますが、その後の経過は全てこのブログに書いていきますので実質、むらやん物語はリアルに継続中です。読者の皆さんあってのこのブログなのでぜひぜひ、今後も愛読よろしくお願いします!これからむらやんが失敗するのか?成功するのか?日々赤裸々にアップしてゆきますので大注目ブログナンバーワンですね(爆)モチロン失敗しても人生面白おかしく書いてゆきますのでブログは意地でも辞めませんよ~!!それでは皆さん目標持って今後も日々邁進していきましょうね!!それでは今後も「ストップ高」直撃ブログ管理人むらやんをよろしくお願いします!!人生笑ってナンボですよーワッハッハ!!

                                         ウルトラスペシャルパワーライティングbyむらやん
スポンサーリンク

| カテゴリ>むらやん物語 | 投稿時間[01:01] | この記事のURL | コメント(79) | トップ

この投稿へのコメント

※現在ブログへのコメントへの返信は見させては頂いてますが、むらやんからの返信は休止中になっています。
返信が必要な場合は、メール ・ ツイッターダイレクトメッセージ ・ LINE ・ FBにメッセージを送って下さいませ☆
>むらやんツイッターはこちら< ダイレクトメッセージは誰でもやり取り可能です。お気軽に連絡を下さいねんっ
メールアドレスはこちらになります → murayan800@yahoo.co.jp  BY : むらやんこと村上直樹

ちょっと驚きのストーリーですね!!
吉本芸人になることが目標ってホント意外ですw

第2章もすごい楽しみです!!
期待してますね♪

| 岸利 | 2006/02/27 00:33 | URL | ≫ EDIT

面白い企画ですね~!!
まさかむらやんさんが吉本目指してたなんてw

第3章くらいで「吉本に入った」的なのを期待してます。
更新楽しみだ~(^^)

| おまめさん | 2006/02/27 00:38 | URL | ≫ EDIT

まいど(^^)

むらやん物語かぁ…
おもしろいね!

むらやんの文章や人間的な魅力、おいらはすきだなぁ(゚゚)

第二回も楽しみにしてるよ!
明日から相場が始まる…
気合いで頑張ろうo(^-^)o

| DINK | 2006/02/27 00:49 | URL | ≫ EDIT

むらやん物語
おはよ~ございます
むらやん物語 続き・・・楽しみにしています。^^)

では今週も気をつけて相場がんばりましょ~~。v-218

| TOREDA | 2006/02/27 08:51 | URL | ≫ EDIT

おはよう
4741 GU おめでとう
持ち越しも良い事あるでしょ!
今日は、後場で溶かしたらアカンv-91

| papa | 2006/02/27 10:00 | URL | ≫ EDIT

なんと!
こんばんは!

むらやんさんにはそんな過去があったのですね。
うーん、苦労している! = 素晴らしい~。
やっぱり投資家になるのなら社会に出て経験を経てからがいいと個人的には思っています。
いろいろ苦労とかわかるし・・・。


なにはともあれ続き、ひじょ~に気になります!
たのしみにしていますね~(^^

| うりりん号 | 2006/03/01 03:26 | URL | ≫ EDIT

だい2章 読ませてもらいました。
ピンポーンとなったら、居留守は
駄目なのね!?                              でも 宗教とかだと、断るの難しい!
お礼<?>に今日は7回ポチッ

第3章楽しみにしてます。^^*

| リオン | 2006/03/01 17:42 | URL | ≫ EDIT

NSC キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!

続きが気になる♪
+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +        
 と__)__) +

| バタ | 2006/03/01 19:00 | URL | ≫ EDIT

papaサン★
新しいほうにコメント返しましたが今月はホントお互い「ガッツリ」稼ぎたいものですね。それではですm(__)m

| むらやん | 2006/03/01 21:04 | URL | ≫ EDIT

うりりん号サン★
(`・ω・´)コンバンワ~!!ホーハン。これはマジでキツイです。
が、それがあって今があると思ってます(思うようにしてます。)
また近々第3章書きたいと思いますのでヨロシクお願いします~m(__)m

| むらやん | 2006/03/01 21:06 | URL | ≫ EDIT

リオンサン★
ピンポーン→居留守→(`・ω・´)「正解です。」
最近は悪徳業者が多いので気をつけてくださいね★
3章も是非お楽しみに!それではまたですm(__)m

| むらやん | 2006/03/01 21:08 | URL | ≫ EDIT

むらやんさーん、ほんと売り物の小説を読む気分で見させてもらいましたぁー、第5章が非常に楽しみです♪
やっぱ経験は人間をでかくするんだなぁとか思いながら、吉本にも驚かせて頂きました(*´Д`)ハァハァ

なんか最近宗教の勧誘に、若い女の子を連れてくるの反則だよなぁ~(*´Д`)ハァハァ

| 髭ちゃん | 2006/03/12 22:21 | URL | ≫ EDIT

ほぉ~~おもろいコーナーですなぁ
なんかむらやん物語見てたら自分の過去も走馬灯のようによみがえってきたよ
いつか僕も登場させてぇ~~

| ミスターえでぃ | 2006/03/13 10:58 | URL | ≫ EDIT

どんどんはまってきた~

むらやん文章書く才能あるよ!

続き!続き!(`・ω・') ワクテカ

| deiken | 2006/03/13 11:16 | URL | ≫ EDIT

v-391ミスターえでぃよ・・・。
北斗の拳打ってる場合ではないぞよv-66
ミスターえでぃの登場は可能やけど、テレアポの思い出ぐらいか(笑)
まぁこんな感じなんでくれぐれもブログの事は他言しないよーにv-364

| むらやん | 2006/03/13 11:53 | URL | ≫ EDIT

うーん、ためになる(笑

むらやんさんはだいぶ山を乗り越えて来ていてすごいですね~。

| うりりん号 | 2006/03/14 16:18 | URL | ≫ EDIT

むらやん物語、最高!! むらやんが色々な経験をし、
成長してきたんだな~って考えると、気持ちが熱くなりました。
本当にお金は大事なものですね。ひしひしと伝わりました。
続き…楽しみに待ってます!

| ちーちゃん | 2006/03/14 19:23 | URL | ≫ EDIT

うりりん号サン★
(`・ω・´)コンバンワ~人生、山アリ谷アリですね。
この時点では貧乏真っ只中なので今後の展開に期待してくださいねぇ~
それではこれからもよろしくお願いしますm(__)m

| むらやん | 2006/03/14 20:51 | URL | ≫ EDIT

ちーちゃんへ
むらやん物語いい感じですか~!!
( ^ω^)うれしいお♪これからもがんばって更新していくんでヨロシクデス~
ホントお金は大事ですよ・・・。ではではお互いがんばっていきましょうv-41

| むらやん | 2006/03/14 20:55 | URL | ≫ EDIT

むらやん物語読ませていただきました。
さすがに苦労している人間は強いですね。
実を言うと、私も訪問販売経験者です(まさしく教材、塗装屋)
なので、すべて手の内は知っています^^;)

PS..私も成績は全支店でいつもトップでした。訪問販売はできるひとには格好の稼げる職業ですよね。

| れいん | 2006/03/15 00:10 | URL | ≫ EDIT

れいんサン★
れいんさんも訪販経験者ですか~さすがですね!
確かに営業できる人はガンガン稼げますね。
これからはお互い株でガッツリいきましょうね。
れいんさんも最近調子良いので私もウレシイです☆
お互いがんばりましょうね!!ではまたですm(__)m

| むらやん | 2006/03/15 11:21 | URL | ≫ EDIT

すげぇ...
すげぇ...
この物語面白すぎる(゜∀゜)!

このあと独立!?

続きが気になりまくってるよ~

| deiken | 2006/03/20 15:41 | URL | ≫ EDIT

⊂(。・_・)つ すごいチャレンジャーですね!

ホント見習わなくてはいけません。固定給のリーマンが情けない(自分)

| 欲汁 | 2006/03/26 23:34 | URL | ≫ EDIT

むらやん日記の現在の最新号を遅れながら読みました。

浜松町とはこれまたびっくりです・・・
あまり言えませんが、、、東京タワーの隣(浜松町)が私の今いっている会社だからです・・・・(驚愕)

次号も楽しみにしております・・

| れいん | 2006/04/03 21:58 | URL | ≫ EDIT

欲汁サン★
(^^)コンバンワ~コメント返信うっかりミスでわすれてましたorz。
私はチャレンジャーと言うかただのアホです。相場でもチキンぷりはハズカシイ・・・。
これからもちょくちょく更新しますのでよろしくおねがいしますねm(__)m

| むらやん | 2006/04/08 19:08 | URL | ≫ EDIT

れいんサン★
ほーっ!!なんとビックリ。私の住んでたすぐ近くではないですかっ!
世の中広いようで狭いですな。。。ちなみに愛宕警察に車をレッカー移動されました・・・。○| ̄|_
れいんさんも体に気をつけて仕事&トレードがんばってくださいね!それではまたです!!

| むらやん | 2006/04/08 19:11 | URL | ≫ EDIT

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
保証金ゼロで家賃10%OFFっすか!!これぞ鬼交渉や!!!
大家も家賃収入ないよりよさそうですが、その条件じゃ利益は・・・・・
殺さず生かさずってかんじが絶妙ですwww

ほんとむらやんさんスゴイっす☆
「むらやん物語」次回も楽しみにしてます♪

| むーすけ | 2006/04/09 22:41 | URL | ≫ EDIT

うーん、本になりますね(笑

| うりりん号 | 2006/04/18 17:01 | URL | ≫ EDIT

むーすけサン☆
(`・ω・´)思いっきりコメント返信送れてましてスンマソン。
いえいえ、皆さん大変な人生を歩んでいるんでその中の一人ですよ・・・。
これからも頑張って更新していきますのでよろしくお願いしますねm(__)m

| むらやん | 2006/04/18 17:47 | URL | ≫ EDIT

うりりん号サン☆

>うーん、本になりますね(笑

うーん、本にしたいです(爆

これからも頑張って更新していきますので末永くお付き合いヨロシクお願いします~m(__)m

| むらやん | 2006/04/18 17:49 | URL | ≫ EDIT

最終回も一気に読み終えました

むらやん物語は
今回で終わりでなく「現在進行形」なんですね♪

これからもコッソリ覗いてます
最近モチベーション確実に落ちてたときに
「渇」を入れてもらいました

これからも目標に向かってお互い頑張りましょう!

| deiken | 2006/04/23 23:55 | URL | ≫ EDIT

すべて、読ましてもらいました
勉強になりました

| papa | 2006/04/24 14:13 | URL | ≫ EDIT

deikenよ・・・。
(`・ω・´)ワシはまだまだもがき続けるで~!!
お互いなんにしても目標に向かってガンバッテいきましょー!
それではこれからもよろしくね☆m(__)m

| むらやん | 2006/04/24 17:19 | URL | ≫ EDIT

papaサン☆
papaサンも読破していただけましたかっ!?
そしてありがたい言葉ありがとうございますm(__)m
papaサンもスゴイ人なので今更。。。と言う内容になっていたかも知れませんがこれからもお互い頑張っていきましょうね!
それではこれからもよろしくお願いします~!!

| むらやん | 2006/04/24 17:21 | URL | ≫ EDIT

読破しました!感動ですね!僕は成功哲学の本を読み漁りました。すると年ばかりとって頭でっかちになってしまいました。現在は目標を立て直して日々精進しているところです。僕が頑張りましょう!って言うのは変ですが、お互い頑張りましょう!

| マネっこピーナッツ | 2006/04/24 17:55 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。
ここ2週間ほど定期的に読ませて頂いております。
私は専業ではありませんが(おかげで最近負けっぱなしです凹)、
所謂デイトレーダーの方々は『苦労も社会も知らない青二才』という
色眼鏡で見ておりました。
まさかこんな多種多様のご経験をされている方がいらっしゃるとは驚きです。

まだお若いですし、ご自分の目標のために頑張って下さい。
(ここ数週間の市場を見てるとずっとこれで食えるワケはないとつくづく思ってしまいます…)

| Toshiki | 2006/04/24 22:14 | URL | ≫ EDIT

マネっこピーナッツさん☆
コンバンワ~m(__)m読破ありがとうございます!
読んでいただけるだけでありがたいのですが、さらにうウレシイ言葉まで。。。
自己啓発&成功哲学ともに私は大好きですよ!(そうでもしないと私は成長しませんw)
とにかく、小さな目標でも常に、私は掲げてこれからも頑張りたいと思いますので今後も愛読お願いしますね!!
読者の方全ての人に成功して欲しいのでお互いがんばりましょうね!それではこれからもよろしくお願いします~☆

| むらやん | 2006/04/24 22:38 | URL | ≫ EDIT

Toshikiサン☆
ブログ訪問&嬉しいコメントありがとうございますねm(__)m
安心してくださいっ!私はまだまだ「青二才」ですよ・・・。ホント(つд⊂)
ブログや投資を通じて色んな方々に接することが出来て本当に嬉しく思っています。
これからもお互いガンバッテいきましょうね!
失敗しても成功しても大負けしても私はブログを続けたいと思いますのでこれからもヨロシクお願いしますね☆それでは今後もよろしくお願いします!!

| むらやん | 2006/04/24 22:42 | URL | ≫ EDIT

はじめまして
コメントは初めてですが、勝手にリンクして毎日楽しく読ませて頂いています。
最後の目標云々の文章、、それを実践されているからこのむらやん物語は濃い内容になったのですね。
小さな目標でも積み重ねていく。
モチベ低調でしたがやる気が出てきました。

| ハーベスト | 2006/04/26 00:11 | URL | ≫ EDIT

ハーベストサン☆
(`・ω・´)コンバンワ~。
ブログ訪問&嬉しいコメントありがとうございますっ!
えらそうに物事書いてますが、まだまだ青二才のボンクラなのでこれから頑張っていきたいと思います。
これからもよろしくお願いしますねm(__)m

| むらやん | 2006/04/27 00:18 | URL | ≫ EDIT

むらやんさん!めっちゃ感動しました~o(TωT )v-19
お金持ちっていいな~なんて軽く思ってた自分が恥ずかしいです。
ホントに血と汗と涙の結晶なんですねTT

一生懸命ためた資産を上手に運用してるし。
メロは本気で尊敬してしまいましたよ!!v-10

むらやんさんみたいになりたい!v-42
メロも負けずに頑張ります!!v-91

これからも宜しくね~ヾ(=^▽^=)ノ

メロ
http://kaburemonn.sblo.jp/

| メロ | 2006/04/30 00:36 | URL | ≫ EDIT

とうとうむらやん物語も完結してしまいましたね(>_<;
物語の読者としては、是非ともむらやんさんには最終的なビジネスプラン
まで到達してほしいと思います。
と言うか、むらやんさんなら必ず到達するだろうなと思っています。

その時には是非むらやん物語を書籍として登場させて下さいね~(^^)/

| 株鬼 | 2006/05/07 16:43 | URL | ≫ EDIT

メロ サン☆
(・∀・)ウレシイお言葉ありがとうございます~
まだまだこれから頑張っていこうと踏ん張ってみますので失敗しても成功してもよろしくお願いしますね!!それではまたですm(__)m

| むらやん | 2006/05/07 19:18 | URL | ≫ EDIT

株鬼サン☆
(つд⊂)いえいえお恥ずかしいっ!!
でも何とか頑張って目標にはたどり着きたいと思ってるんでとりあえずいけるとこまで頑張っていきたいと思いますっ!!
これからもお互い気合で株式市場とつきあっていきましょうね。
それではこれからもヨロシクお願いしますm(__)m

| むらやん | 2006/05/07 19:20 | URL | ≫ EDIT

感動しました
 何かのリンクでたどり着き、何となく毎日読んでいます。「始めての親孝行にチャレンジ、
両親に150万送った」との文章を読んで、(この人の素性は?)と興味を持ち、この物語を
一気に読ませていただきました。(うまい具合に、完結直後だったようです)
 いや~、感動しました。むらやんは私の息子と同じくらいの年なのですが、タダ者では
ありませんね。素人だった株取引を、わずか1年余でモノにしてしまう訳が、これを読んで
よく分かりました。目的意識を持って一つの道を極めることが出来る人間は、どのような道を
歩んでも、それなりの結果を残せるものなのでしょう。

 ラストのほうにあった、
「人生にはささやかでも目標が必要」
「人生は楽しくて面白いもの」
「感動や思いを持ち続けることが出来る者だけが、目標にたどり着ける」

 等々は本当にそうだと思います。27才の若さですでにそのことを気負いなく、スラリと言える
ところが、素晴らしいです。やっぱりタダ者ではありません。
 今後の展開を楽しみにしています。

| TOMすけ | 2006/05/08 18:01 | URL | ≫ EDIT

TOMすけサン☆
ブログ訪問&コメントありがとうございます!&コメント返信遅れてスミマセンm(__)m
嬉しい言葉をたくさん頂いて嬉しい限りですっ!!
まだまだ未熟者で若輩者ですが、何とかがんばってみますのでこれからもよろしくお願いしますね!!
また暇な時はブログ覗きにきてくださいね!それではお互いがんばっていきましょうね( ^ω^)

| むらやん | 2006/05/17 17:00 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。
はじめまして^^
同じ年齢でこうも違うのかと、驚愕しました。
お金を得るにはそれなりの努力と行動力が必要なのですね。
無気力MAXの自分には到底マネできません。
更新楽しみにしてます。
がんばってください
では(^ー^)ノシ

| zekocyo | 2006/09/02 14:05 | URL | ≫ EDIT

初めまして♪

株歴一年で いろんなブログを読みすすめるうちに
ここへたどり着きました。

大阪の絵画業界や不動産業界などで
むらやん同様働いていたので 親近感たっぷりに読ませていただきましたw

儲けが数字、記号化してしまうことに危惧しているのですが
あなたの体験や生活実感に根ざした話にはたいへん共感しました。

そして、、、常にNextを目指すことを
もう一度思い返してみたいと励まされました。ありがとう。

| じぃじ | 2007/01/02 19:28 | URL | ≫ EDIT

>zekocyoサン☆
(つд⊂)返事が非常に遅れてスミマセヌ~
今日ここにコメントいただいてるの気づきました・・・。
ブログ訪問&コメントアリガトウゴザイマスね!!
これからもがんばってみますのでお互いがんばっていきましょうね。
それではこれからもヨロシクお願いします!!

>じぃじサン☆
(・∀・)始めましてコンニチワ!!
ブログ訪問&嬉しいコメントありがとうございます!
同じような情趣を・・・ニヤニヤですね。
今年はどうなるか分かりませんがお互いいい年に出来るようにがんばっていきましょうね!
これからもヨロシクお願いします~m(__)m

| むらやん | 2007/01/04 12:17 | URL | ≫ EDIT

今 読み終わりなんだか涙がでそうになりました。
すごい!!カッコいい!!がんばれ!!
私もがんばる!!心からそう思いました。
株に関しては大根を買う感覚で買ったり売ったりしていました。
数年前、相場がよい時に始めたので 最初は儲かりましたが・・・勿論 儲け続けられるわけないですよね。沢山 損しましたよ。
株価を見るのも嫌で長く塩漬け状態でしたが 株のスクールがある事を知り
今 勉強中です。
お蔭様で私も夢を思い出したのです。
忘れかけてた夢でしたが 実現しようと強く思っています。
むらやんさんの親御さん位の歳だと思うのですが 歳は関係ないと思っています。

むらやんさん ありがとう たくさん たくさん ありがとう
お互いに B型同士 がんばろ~~ね

| poyopoyo | 2007/01/10 16:11 | URL | ≫ EDIT

>poyopoyoサン☆
( ^ω^)コンバンワ!!
poyopoyoサンブログ訪問&嬉しいコメントアリガトウゴザイマスね♪
ワタシもナカナカ人生上手くいきませんが何とか上昇気流に乗れるように頑張りたいと思います。
まだまだ株も人生も若輩者ですけどこれからもがんばっていきたいと思いますので是非是非ヨロシクお願いしますね☆
それではこれからも末永くヨロシクお願いしますーm(__)m

| むらやん | 2007/01/10 18:37 | URL | ≫ EDIT

メチャメチャ感動です☆
これから株式をはじめてみようと思っていて、ネットマネーって月刊誌に
むらやんさんのってるの見てブログにたどり着きました。。(*^-^*)ニコ
『男前な人生』っすね!! とても自分が小さい人間であることを再認識
させられましたよ。。自分の理想に近づけるようにしっかり目標たてて
いこうと、これまた再認識wしました。

むらやんさんの豊富な人生経験と精神力ならどんな大きな壁も乗り越えて
自分の目標を達成される事と信じてます!   

| ダンジュン | 2007/01/17 22:21 | URL | ≫ EDIT

>ダンジュンサン☆
(・∀・)コンバンワ!!
ブログ訪問&コメントありがとうございますね!
しかーも!!嬉しいコメントまで・゚・(つД`)・゚・アリヤス!!
ナカナカ上手くいかない人生ですけど上手く行き過ぎても怖いのでこれぐらいでがんばります☆
まだまだこれから先は前途多難ですがお互いがんばって目標を再確認していきましょうね!
それではまだまだ若輩者ですがこれからもがんばっていきますのでこれからもヨロシクお願いしますね~m(__)m

| むらやん | 2007/01/18 23:54 | URL | ≫ EDIT

GJ
面白かったよ

| ちゃんどらー | 2007/02/09 18:10 | URL | ≫ EDIT

>ちゃんどらーサン☆
(・∀・)コンイチワ!!
嬉しいコメント&ブログ訪問ありがとうございます!
ワタシはナカナカ成功できてませんが何とかがんばって成功に近づきたいと思います。
これからまだまだ苦労は多数だと思いますけどがんばっていきますのでこれからもヨロシクお願いしますね(*゚∀゚)=3ハフンハフンそれではまたです!

| むらやん | 2007/02/13 11:16 | URL | ≫ EDIT

以前、むらやん物語読んだのですが、途中の話を忘れかけてたので、
今日久々に最初から最後までぶっ通しで読み直しました。

やっぱ、むらやん師匠は只者ではない。
自分より年下だけど、このバイタリティーと
チャレンジ精神は尊敬に値します。
そして教えられる事も多々ありました。

10年ほど前に愛媛松山の知人宅に遊びに行き、
東京ラブストーリー(古っ)の舞台の駅や、
色々な所に連れて行ってもらいました。
アーケード街が思いのほか大きくて驚きました。

| 茄子 | 2007/07/07 01:13 | URL | ≫ EDIT

物語をよんで自己啓発につながりました。
現在は兼業トレーダーですが、
将来は専業になりお金をためて福祉活動を夢みています。

いまの世の中は生活に苦労している方が殆んどです。
今は金銭的には自分自身もどん底ですが、
どん底の世界で生きている人をどうやって助けていくのか
色々と考えていますが、結局今の世の中ではお金がないと
なにも出来ないのが残念です。
しかし、なんとか頑張って行きたいと思いました。

PS:株動画がかなりファンになりました。
   やはり自分で相場を作れるにならないといけないことを
   痛感しました。
   これからも頑張って下さい。
   応援しています。   

| shin | 2007/11/04 01:47 | URL | ≫ EDIT

>茄子サン☆
(=゚ω゚)ノコンニチワ!!
コメ気付かなくて遅くなってすんません。
愛媛に来たことあるとは意外ですぅ
ちなみに松山とかの都会じゃないんですけどねwオチの実家は・・・
これからも頑張っていきますので宜しくお願いしますね!!

>shinサン☆
(*゚∀゚)=3コンニチワ!!
嬉しいコメントありがとうございますーーー!
ワタシもみなさんのおかげでブログ頑張れますので
これからもぜひぜひ宜しくお願いしますね☆
まだまだ若輩者ですけど何とか頑張りたいと思っていますので
お互い気をつけて頑張っていきましょうね☆
ではでは良い週末をお過ごしくださいましー!!

| むらやん | 2007/11/04 12:41 | URL | ≫ EDIT

ありがとう
初めまして。こんにちは。
最近、株取引に興味がありなんとなくでたどり着きました。

私は今、無気力に近い状態で生きています。
読んでいくうちに心に強く感じるものがありました。
むらやんさんと年が近いせいなのか、生き方のせいなのか、自分のせいなのか、
いろんな気持ちになりましたよ(幸)
貴重な良い体験を只今させて頂きました。

[太字]最後に、俺そろそろ自分と戦いに行く決心ついたよ~ 
マジでありがとうございました。

| nomotora | 2007/11/09 16:36 | URL | ≫ EDIT

>nomotoraサン☆
嬉しいコメントアリガトウゴザイマスー!(*/ω\*)
何かコメント欄の調子が悪くてすんまそん・・・。
最近ずっと調子悪いみたいなんですよ。
人生楽しんでいけたら面白いと思いますのでお互い頑張って楽しみましょうね。
これからのnomotoraサンの飛躍を祈ってますー☆
ブログ訪問&コメントありがとうございますね!

| むらやん | 2007/11/09 18:40 | URL | ≫ EDIT

始めまして!
最近デイトレードを初めて今だに負け続けていますが、まだまだ勉強不足だなと思いながら色々サイトやデイトレに関する知識を得ようとふとYoutubeを見たらむらやんさんの動画に辿り着きました!トレードスタイルを見て自分の中でまた少し変われました、ブログを読んでいてみ楽しいですし、今後もむらやんさんのブログを楽しんで見させてもらいます!最後の目標の立て方とても参考になりました。
俺の中でまずプラス収支に持って行く事が第一の目標です!
後ブログをちゃんと毎日書くことかな^^;

俺もむらやんさんのように頑張って専業でやれるよう頑張ります!

| kabukimono312 | 2007/11/13 16:28 | URL | ≫ EDIT

>kabukimono312サン☆
(*/ω\*)コンニチワ!!
ウレシイコメントありがとうございます。
お互い一緒に頑張っていきましょうね☆
これからも頑張っていきますのでヨロシクお願いしますね!

| むらやん | 2007/11/14 12:21 | URL | ≫ EDIT

感動しました!!
はじめまして!
「むらやん物語」読ませていただきました。感動しました。
株取引を始めて5年になりますが、今までずっと資産を減らし続けて退場寸前ですが、真剣に、むらやんさんのような専業トレーダーを目指しています。
サラリーマンとして安定した収入もあるのですが、専業でなければ効率良く利益を出せないという結論から、来年の3月から夜勤の仕事に転勤して挑戦しようと思っています!
将来の夢と自分の年齢に対する不安、収入へ不安に揺れる毎日ですが、むらやんさんのバイタリティに励まされる思いでした。ありがとうございます。
これからもコメしますのでよろしくお願いいたします。

まずは感謝のクリック、「ポチッ」っといっときますね!

| nak | 2007/12/03 23:19 | URL | ≫ EDIT

生き様、感動しました!
俺はむらやんと同い年ですがの、ほほんと暮らしすぎてました。
まあまだ若いからなんとかなるだろう的な発想うでした。
すると気づけばもう30手前!
あまいよなあ~みたいな・・・
大まかな目標はあっても、まだなにもてをつけてないです。
このブログを拝見させてもらって、しんけんにksんがえるようにします。
今はまだ無理なので、30歳から本格的に動いてみようと思います!
いろいろ難しい問題があるんですがとにかくやってみようとおもいます!
来年30歳同士、がんばりまっしょい!!
応援してます!

| Nやん | 2007/12/18 00:19 | URL | ≫ EDIT

初めまして
今更ながら読ませてもらい、生きていく上で大事な事を思い出しました。
文を書くのがへたなんであまり書けませんが・・
今、株で勝てなくてだらだらしている自分に喝がはいりましたわ。
ブログがんばってください。

| nanasi | 2008/11/01 01:51 | URL | ≫ EDIT

「物語」読ませていただきました。おもしろい人生を送っていらっしゃる。素晴らしいです。自分のことも少し書かせてください。自分は42歳3人の娘を持つ平凡な父親です。証券マンです。株は好きですが自由にできません。機関投資家向けに債券の営業をしております。この歳にして少し行き詰っています。でも一度しかない人生。むらやんさんをみならって夢に向かって進もうと思います。デイトレおもいっきりやってみたいな\。

| 一徹 | 2008/12/14 13:14 | URL | ≫ EDIT

>nakサン☆
щ(゚д゚щ)こんにちわぁあぁ!!
コメントの返信遅くなって・・・って遅すぎww
嬉しいコメントありがとうございます。
なかなかここのコメント見なかったので気付きませんですた><
これからも頑張っていきますのでこれからもヨロシクお願いしますね。

>Nやんサン☆
(*゚∀゚)=3こんにちわ!!
嬉しいコメントあざざざざっす!!!
年も近いみたいでお互いがんばるときですねぇ。
ってかコメ返信が1年後ですみませんww
全然気付いてかなったです(つд⊂)
これからも頑張りますのでヨロシクお願いしますね!

>nanasiサン☆
( ゚∀゚)o彡°こんにちは!!
確かに何をやってもうまくいかないときありますよねぇ。。。
オレもそんなときはもどかしくなります・・・
でも前向きに頑張れば結構スッキリするような気がしますよ。
お互いもどかしい時期はたくさんあるとは思いますけど
メゲずにこれからも頑張っていきましょうね!
嬉しいコメントありがとうございますщ(゚д゚щ)

>一徹サン☆
(*゚∀゚)=3こんにちわー!!
3人もお子様をお持ちで!!子宝たくさんに恵まれましたね☆
証券会社での機関向けの債権営業ですか!?
投信の営業でもメッチャしんどそうなのに機関向けとは((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
確かに営業やってるときはオレもよく悩みましたしカベにぶつかりましたぁ(/ω・\)
でも前向きに気合い入れたら逆に楽しくなるかもしれませんね!
オレも今はもどかしい時期ですがお互い頑張っていきましょうね。

| むらやん | 2008/12/21 10:11 | URL | ≫ EDIT

すごいね!いや、すごい!
万馬券的中って・・(いやいや違う)
本当に勇気でますわ

| vmax | 2009/12/06 21:21 | URL | ≫ EDIT

う、う、(涙)・・・勝ち続けろよムラムラやん。

| 情事早漏す | 2010/03/10 21:51 | URL | ≫ EDIT

>vmaxサン☆
嬉しいコメントあざざっす!!
万馬券ダブルで・・・w
これからも頑張りますのでよろしくですー☆

>情事早漏すサン☆
(ノд<。)゜。
むらむらむらやん頑張ります!!
今後もよろしくお願いしますね☆

| むらやん | 2010/03/10 22:19 | URL | ≫ EDIT

インフォテリアが噴火目前?

| パタヤゴーゴーバー | 2010/03/29 09:24 | URL | ≫ EDIT

>パタヤゴーゴーバーサン☆

まじどすか!!!

| むらやん | 2010/03/29 11:15 | URL | ≫ EDIT

まじどす?

| パタヤゴーゴーバー | 2010/03/29 13:12 | URL | ≫ EDIT

>パタヤゴーゴーバーサン☆

確認してみるっす'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

| むらやん | 2010/03/29 15:11 | URL | ≫ EDIT

むらやん物語、寝るのも忘れて一気に読ませていただきました!すごい面白かったし、ためになる話でした。コミュニケーション能力が高いだけでなく、文才もありますよね!私は株とFXを始めて1年以上たちますが、全く勝てず資金は半分になろうとしています。いつかむらやんと肩を並べられるように、たとえこのまま資金が0になっても這い上がって見せますよ!

| 18円 | 2010/09/01 00:26 | URL | ≫ EDIT

>18円サン☆
(屮゚Д゚)屮おおお!嬉しいコメントありがとうございます☆
本と人生前向きに気合い入れていけばなんとかなる!とか
勝手に思っちゃってますwお互い辛い時期はあると思いますけど、
その気合いがあるなら大丈夫そうですね☆今日もお互い頑張って
いきましょうね'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

| むらやん | 2010/09/01 08:26 | URL | ≫ EDIT

続編楽しみにしています。

| 中年オヤジ | 2010/11/12 15:45 | URL | ≫ EDIT

>中年オヤジサン☆

また続編できる機会があればアップしますねー'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

| むらやん | 2010/11/12 19:31 | URL | ≫ EDIT

p(^-^)q
ふとしたきっかけで読ませてもらったのですが、なんかめちゃくちゃ元気でました(^-^)/ありがとー☆

| woo | 2012/11/01 20:10 | URL | ≫ EDIT

名前:(名無しの場合は『山師さん@トレード中』になります)

件名:(省略可)

メール:(省略可)

URL:(省略可)

コメント:(コメント表示されるまで時間が多少かかります。)
←で文字を装飾したり絵文字などを入れれます。

編集&削除用パスワード:(省略可)

管理人のみにコメントの場合はチェック→ 非公開コメント